ピンバッチ

六本木の通りを歩いてたら黒いコートを着た女性とすれ違いました。すれ違いざまチラッと見たらコートの胸だったか襟だったか記憶あいまいなのですが、ピンバッチとおぼしきものがキラリンと光っていました。黒のコートも濃紺のコートも地味と言えば地味なんですが、ピンバッチをつける事によってコートが素敵に引き立ちますね。帰宅してから僕が持っているピンバッチを探しましたらBMWのものしかありませんでした。ずっと昔、僕が乗っていた型の単車と同じ車種のピンバッチを揃えた事があるんですね。でも、こんな単車のピンバッチじゃ格好悪いですしね。そしてピンクリボンのピンバッチではもっとおかしいですしね。☆ではチェ・ゲバラの戦闘帽ですし、日本の国旗や北の国旗じゃ違った方角に行きそうですしね。何かいいのないですかね?
c0087396_1724335.jpg

[PR]

by brighthorn | 2009-11-23 17:30 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2009-11-23 22:35 x
3つとも今では手に入らないレアものですね。コレクターが見たら欲しがりそうですね。
そういえば、私も一時、ハードロックカフェのピンバッジを集めていた時期がありました。
結局、ただ机の引き出しの中に。。。今では、どうしたものかと考えています。
Commented by brighthorn at 2009-11-24 05:44
リップスティック さん
リップさんもいろんなコレクターだったんですね。新橋にピンバッチの製造販売所があります、ここは企業物であったり学校の校章であったり、トロフィであったりといろいろあるんですね、たまに店頭で売れ残った山系のピンバッチ(例えば穂高とか八ヶ岳とか)を100円で売ってます。でも服につけるほどの色気のあるピンバッチはありません。