怯えた目をした幼い子供達へ

c0087396_17452676.jpg今日はいつもの孤○院に打ち合わせに行きました。メインホールにはクリスマス・ツリーとクリスマス・プレゼントが置かれていました。親から捨てられ、親から暴力をふられここに連れてこられた子供達はいつも怯えているそうです。ここには幼い子供達が沢山います。構内の緑地で遊んでいる子供達にM田と僕で手を振ると恥ずかしそうに小さな手で振ってくれます。きっと僕達を見て「この人達は悪い人ではない」と思ってくれたのでしょう。そこでふと思いました、僕が今までフリマで集めたおもちゃを上手に包んでここに置いてあげようって。そしてM田に言った事は、子供達に怪我させないように気配りをした設計をしようぜ・・・との事です。



事務所に帰ってきたらAMAZONに注文していたアン・マレーのクリスマスアルバムがアメリカから届いていました。
c0087396_17494862.jpg

[PR]

by brighthorn | 2009-12-08 17:53 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2009-12-08 23:58 x
きっと子供達には先生とM田君が優しい人だということがわかったのでしょう。先生からおもちゃをプレゼントされて喜ぶ子供達の顔が見たいですね。
今年のクリスマスは、アン・マレーで決まりですね!
Commented by brighthorn at 2009-12-09 05:50
リップスティックさん
こういうのも正しい税金の使い道と言うのでしょうか、福祉施設によく行きますが孤児とか重い障害と言うのは肌で触れてみないと現実はわからないものです。クリスマスはアン・マレーさんで決まりです。昨年はナナ・ムスクーリさんでした。