青大将こと石山新次郎君のファッションを考える。(その5)

お友達から東宝の若大将シリーズDVDの全セットを借りています。若大将シリーズの楽しみ方でオタク的な方法は青大将さんのファッションを見ることや当時に走っていた自動車やオートバイそして建物を見ることもひとつの方法といっても過言ではありません。

さて、青大将ことブルジョアボンボンの石山新次郎君はいつもアイビールックで京南大学のキャンパスに現れました。その格好ですから本当は若大将こと田沼君より水面下で「をモテ」になった事だと想像されます。
c0087396_16345829.jpg
c0087396_16435479.jpg
さすが、ダッフルが似合います!ちなみに当方のマックレガー製濃紺ダッフル(ブライトホーン・モデル)のトグル部分はご婦人のマニュキュア付き白い指先になっています。

それでは、前回に引き続き今回は1966年5月28日公開「アルプスの若大将」から石山新次郎君のコレクションを見てみましょう。
*************************************************
↓スーツには「生け花」!の時代到来でした。現代はどうなんでしょうか?
c0087396_16394489.jpg
赤いカーディガンに赤ギンガムのアスコットタイ・・・
c0087396_16395981.jpg
サングラスを使用した自慢げなポーズ、バランスの良い白のライン巾!
c0087396_1640860.jpg
澄ちゃんを迎えに皇居前のパンナムへ・・・トリコロールに黒ギンガム、頭はMG5のリキッドだったか?愛車はお約束の赤いオープンカー!
c0087396_16462790.jpg
青山通りを突っ走る青大将カー・・向かって左が東宮御所、正面が赤坂ですね。
c0087396_17194189.jpg
なにやら澄ちゃんに怒られてます・・・
c0087396_17215785.jpg
白いソックスは学生時代で終わりでした・・・・
c0087396_16464043.jpg
ペプシコーラが40円の時代でした。それはさておき、今、こんな姿でスキーに行ったら「浮く」でしょうね。正式にはチロリアン・ハット&チロリアン・ジャケットと呼ぶようです。
c0087396_16543047.jpg
 
【このブロクは、東宝「若大将作品」を楽しく優雅にたおやかに鑑賞しています。。この度、青大将ファッションを取り上げましたが、私はこのブログにより利益を得たり、また東宝作品の権利を侵害しようとするものではありません。】
[PR]

by brighthorn | 2010-01-19 16:34 | 青大将ファッション | Comments(6)

Commented by サントラ at 2010-01-19 21:38 x
brighthornさんこんばんは
若大将シリーズ僕も大好きでした、中学生のころリアルタイムでよく近くの東宝に見に行ってました。加山雄三演じる若大将は当時私のあこがれでした。それにしても各作品の解説全てbrighthornさんが書かれたのでしょうスゴイですね!若大将映画の研究者と言えそうです。確かにあのシリーズでの青大将こと田中邦衛の存在感というか重要度は加山雄三と二分していると言っても過言ではないでしょうね。
ところで、小生もこの歳になって今、ダッフルをねらっています、カーキ色をヤフオクで探しているところです。
Commented by リップスティック at 2010-01-20 00:54 x
この頃の加山さんは本当に格好良かったですね。
でも、映画の中のファッションは田沼雄一さんより石山新次郎さんの方がずっとお洒落でしたね。
先生のダッフル(ブライトホーン・モデル)のトグル部分を是非拝見したいですわ。

Commented by brighthorn at 2010-01-20 06:06
リップスティック さん
>この頃の加山さんは本当に格好良かったですね。
いまや、ただのオヤジというかジジイになってしまいましたね。
トグルの指先ですが、加齢とともにしわが深い指先になってきました。
ヤング指先を探し中です。
Commented by brighthorn at 2010-01-20 06:22
サントラさん
解説なんてとんでもありません!書いてませんですぅ~
若大将の研究家は沢山いまして奥の深い世界です。
ダッフルのカーキ色ですね。いいですねぇ・・・・
先日のフリマでイギリス海軍?と思わせるダッフルが出てましたが、半端じゃないヘビーデューティぶりでした。オートバイに使われるものもイギリスが先駆者ですので生地がオイリーでした
Commented by おやじ at 2010-09-30 00:37 x
懐かしい若大将、わたしが小学生の頃、近所の東宝系の映画館で怪獣シリーズとセットで若大将シリーズを見ていました。
ゴジラやモスラよりも徐々に若大将のヘアースタイルやファッションに興味を持ち、いまだにアイビールックにクルーカット!仕事の時はアイビースーツ、プライベートも全てアイビールックて言うかわたしの頃はアイビーとは言わないでトラッドって言ってました。
Commented by brighthorn at 2010-09-30 04:41
おやじさん、おはようございます。
若大将シリーズでも学生の時のシリーズが良かったです。
わたしが高校時代でしたが若大将がリバイバル時に新宿の映画館で毎週土曜日にやっていたオールナイトに通いました。ワンパターンでしたが、紙ふぶきは舞うし凄かったです。