石笛ってしっちょるけ?

昨年の8月、鎌倉の由比ケ浜海岸で拾った石笛と呼ばれる石です。

石にあいている穴は、穿孔貝(ボーリングシェル)と呼ばれる種類の貝が外敵から身を守る為に自分の殻を振動させて開けたものだと文献に書いてあります。写真の石はとっても小さくて手で握れますが大きいものだと石板状を成していて拾って帰ってデスク上のペン立てにもなりそうですが、穿孔が浅いので役不足かも知れません。
c0087396_6125185.jpg

[PR]

by brighthorn | 2010-03-15 06:26 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2010-03-16 00:22 x
石笛のことは知りませんでした。調べてみたら、『現存する日本最古の楽器』なんですってね。先生、吹いて見られましたか?
Commented by brighthorn at 2010-03-16 05:55
リップスティック さん
石笛なんてつい最近知りましたので吹いてませんです。
ちょっと気取った人はこの穴をお香立てにするようです。石も柔らかそうな石質ですね。