ライダーだけ知る事

二輪乗りのいわゆるライディングウェアでありますが、ピンからキリまでいろいろとあるのですがこう長く乗っている当方としての意見は、とにかく腰上は走行風でばたつかないもの、出来れば全天候型のジャケットを選びたいところです。写真のはゴアのジャケットですが15年以上着ていて色合いも日に焼けており僕の自慢のジャケットです。先日のツーでもコレを着てましたが、いくらゴアでも下のシャツは汗でビショビショ・・・ゴアなのに!と皆さんは思うでしょうが、ゴアなんてそんなものでキープ・ドライはある条件下のもとで発揮されます。

このジャケットのいい所は風にばたつかず、暑い時は肘、背中に大型の開口部を作れて走っている間は空気が通過して涼しくいられます。
c0087396_6502323.jpg
さて、前置きが長くなりましたが今度は腰下の話・・・(先ほどから腰上(シリンダー&ピストン)腰下(ミッション) と書いてますが二輪の世界では重要な言葉でよく使います。わたし二輪に乗る時に履くのは決まっているわけでなくて、そこらに転がっているデニム系のズーを履きます。VANのチノズーは弱くて使い物にならないのは二輪(自転車を含んで)で使われることなど想定されていないからですね。

その前に、ハーレーやBMWにモトグッチ、ドゥカッティ、トライアンフ等々、外車には元々「トータル・ファッション」が存在しそれはそれはめんたまが飛び出る位の高価格なライディング・ウェアがあります。でもそんな格好して乗ると逆に「経験不足」と思われるので逆にベテランはそんなの着ません。

c0087396_813427.jpg話を元に戻します。で、つい最近・・二輪の夏ズーとして「ドンキホーテ」で680円のジーンズを買いました。とにかく足の長さも既製品で短足用があったもんだ!と思うくらいのジャストフィット!関心してしまいました。これ、先日のツーで使用しましたが凄く良いです。薄手で足にまとわりつくこともありません。糸はオレンジでかなり「おしゃれ」、この糸の色を安物ぽいと思う方もいるらしいですが僕はデニムの色を上手に引き出しているなぁ~なんて思っています。冬ズーはコーデュロイに勝るものなしです。極寒時にはモモヒキ+コーデュロイ+オーバーズボンが適当。

■ ドンキ・メンズファッション カタログ  
[PR]

by brighthorn | 2010-06-22 07:09 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2010-06-22 23:17 x
そのジャケットは先生と色々な所へ行っているのですね。日に焼けている部分は、元々は濃いブルーだったのですか?
ドンキのズー、価格も安いしいいですねぇ。これも惜しげなく使えますね。私も欲しいです。
Commented by brighthorn at 2010-06-23 10:08
リップスティックさん


そういわれると確かにいろんな所に行きましたね。相棒です。秋が深くなって寒くなると襟元に、深い紺色と二輪のイラストが描いてあるバンダナを巻くと素敵に変身します。それと元々の色はマリーン・ブルーでした、日に焼けてこんな色です(ココが自慢の所)

ドンキのGズーですけど履きやすくていいですね。高いズーはいても「ダイエーで買ったの?」と言われる私ですからね。