雨パラ音+チェンバロ重奏

今日は朝から雨です。今、お約束の「バロックの森(NHK-FM)」を聞いていますが、スイートルームの窓から入る雨の音とチェンバロの音が妙にマッチしています。目の前にリプトン・ティと文明堂のカステラがあれば最高なんですが、早朝からカステラ食うのも気が引けます。

さて、ここでいろいろと分からない事が多くなってきました。まずは、チェンバロってなぁに?から始まりまして調べたらピアノの親戚とも言えないようなピアノ似の楽器のようですね。

《おことわりしておきますが、チェンバロって書きましたがわたしチェンバロの音ってきっとこれだろうと思っているだけで、本日のバロックにチェンバロが楽器として使われていると言う意味ではなくて、チェンバロのような我が脳みそに記憶された「音」だったのでそう書いただけですね。もしも、示した楽器がチェンバロでは無かったとしてわたしを笑ったりしないように・・・》

また静かに耳を澄ましてみると、バイオリン以外でチェンバロが主人公の時もありますし、遠い脇役の時もあるようですね。

それはさておき・・・・・クラッシック系音楽レディオを案内する解説者って・・静かな声で難しそうに解説しないで欲しいのです。もっと視聴者(シロートに分かりやすく)を引き込むように、聴いて損は無いような事も述べたりするといいのではないか?と思うのですが・・・・(NHK以外でも難しいかもね)

今週はルイ14世の晩年好んだ音楽でした。聴いていた人は普通の庶民でした。

本日の発見!
samさんの紹介でビートルズの「In my Life」の中でチェンバロが活躍しているのを知りました。
約1分29秒辺りから始まる素敵な「間奏」にあります。

[PR]

by brighthorn | 2010-09-27 06:55 | from Brighthorn | Comments(14)

Commented by suwakky at 2010-09-27 08:07 x
こんにちは、
身近でチェンバロの音といえばアニメ「キャンデイキャンデイ」の主題歌のイントロですね。古いところではタイガースの「落葉の物語」なんかですね。
古典楽器のチェンバロ(ドイツ語、英語ではハープシコード)はピアノのような鍵盤楽器ですが違いは弦を叩く(ピアノ)か引掻くかの違いで、更にチェンバロは音が狂いやすいのでチェンバロのコンサートに行くと演奏の前や合間に調律しています。それも面白いので今度コンサートいってみたら良いですよ。
Commented by brighthorn at 2010-09-27 13:55
suwakky さん

チェンバロってなかなかいい音ですね。宗教音楽にもぴったりの楽器ですね。叩くと引っ掻くで音色が大きく異なるものなんですね。
Commented by sam at 2010-09-27 14:32 x
こんにちは。
チェンバロはビートルズの「In my life」にも使用されていたと思います。数あるビートルズの曲で、小生が一番好きな曲です。

NHKのFMで放送されている、「気ままにクラッシック」という音楽番組をお薦めいたします。この番組は解説者の変に気難しい解説は一切無し、司会者はクラッシック音楽とは場違いな、タレントの笑福亭笑瓶とオペラ歌手(?)の幸田浩子が務める、ちょっと毛色の変わったクラッシック音楽番組です。
Commented by brighthorn at 2010-09-27 15:07
sam さん、こんにちわ・・・・

今、youtubeで「In my Life」を聴いてみました。中盤辺りの間奏に使われているのが分かりました。

「気ままにクラッシック」・・・・今度聞いてきます。クラッシック音楽をこれほど入りにくくしたのはきっと中学時代の音楽のクラスに間違えありません。余談ですが、僕にゴスペルを身近な聞けるようにしたのが、エルヴィス・プレスリーでした。
Commented by suwakky at 2010-09-27 16:04 x
samさん、brighthornさん、こんにちは
「In my Life」の間奏にもチェンバロ入っていましたね。この曲イントロが有名な名曲ですね。ジャンルを問わず音楽を楽しむ・・・いいと思います。ただし謡曲は情緒もセンスのかけらもないのでご勘弁願いたいです。
Commented by brighthorn at 2010-09-27 17:24
suwakky さん

謡曲って歌謡曲の事でしょうか。
Commented by suwakky at 2010-09-27 18:31 x
謡曲(ようきょく)って、能とか古式な結婚式で「た~か~さ~ご~や~」とかいうアレです。それと「べんせ~しゅくしゅく~夜河をわたる~」とかいう詩吟?あれも奥歯の奥が気持ち悪くなって虫酸が走ります。musicは女性の気を引こうという原点を失ったものには魅力を感じませんね。
Commented by brighthorn at 2010-09-27 18:36
suwakky さん

「べんせ~しゅくしゅ~夜河をわたる~」

わたしもダメです。
Commented by リップスティック at 2010-09-27 23:15 x
1970年のアメリカ映画「ある愛の詩」で、アリ・マックグロー演じる主人公のジェニーが演奏会のシーンで弾いていたのがチェンバロ(ハープシコード)だったと思います。
チェンバロはピアノとはまた違った音色でなかなか良いですよね。
Commented by brighthorn at 2010-09-28 05:18
リップスティックさん、おはようございます。
チェンバロは名わき役ですね。今度、ビデオを借りてみてみます。
1970年ですからまだIVYファッションが残っていた時代ですね。
Commented by サントラ at 2010-09-29 00:22 x
brighthornさん
ビートルズの大ファンです、そういえばこの曲の間奏はハープシコードでしたね。とても叙情的な曲で数ある中でも名曲の一つですよね。
この動画いいですね、過去に上京した際、六本木のキャバーンクラブとその次の機会でアビーロードと、どちらも行きました。
Commented by brighthorn at 2010-09-29 06:48
サントラ さん

六本木の裏通りにアビーロードがありますね。わたし1回もいけてませんが今度機会があったら行きたいです。つい先日までジャッキー吉川(ブルコメの)氏のお店もあったのですが閉店しているようです。
Commented by マスオさん at 2010-10-09 05:10 x
こんばんわ。
あらためてこのhp見てますけど、世界の料理ショーなど面白いですね。
ところで、このイン・マイ・ライフの間奏ですが、チェンバロ風のエレクトリック・ピアノだと思います。気をつけて今まで聞いたことはありませんが、昔読んだビートルズの解説書では(記憶に間違いある可能性あり)、プロデューサーがバロック風に即興演奏したものだったと記されていたように覚えてます。
Commented by brighthorn at 2010-10-09 05:32
マスオ画伯、おはようございます。
エレクトリック・ピアノだといわれると、そうかも?と思ってしまいますね。確かに本物と違うかもしれません。解説書に書いてあるならチェンバロ風なのかもしれませんね。