正しいミーハー

c0087396_11521147.jpg内幸町の本屋は朝9時Justに開店します。このお店、ハガキも切手も収入印紙も取り揃えておりいつもここで必要な時には購入しています、本日もそうでした。お店に入るとちょうど目が届くようなところに「新潮45」が置いてあり、その表紙の右下隅には「付録DVD 歴史的発掘 幻の「・・・・次郎」現存する唯一の秘蔵映像」と書かれているではありませんか。と言うことは「動く次郎さん」「生声次郎さん」じゃないのか?と思いまして即購入しました。

***********************************************************

ココから書くことは、次郎さん談義の一つですが次郎爺が偉かったとか憲法はどうなのかとか・・・・
そんな事は別の方に任せるとして生声の話です。

次郎爺の生声は55歳の時のですけど、次郎さんの声は「田中角栄さんの声をじょうろに通して細くなったノズルの先端をひねりながら絞った」ような高音質な声でした。気になる方は「新潮45」を購入して聞いていただきたいのですが、僕の耳の感想はこの通りです。

また下の画像はDVDからのキャプチャーですが、動く次郎さんを見て性格を判断すると・・・・・

1. 相当に短気である。タバコの灰の捨て方は灰皿にドンドンと叩くように灰を捨てます。
2. ド忘れは隣の人に遠慮なく問う。

↓会議場への入室から着座までの一連の動き、それはそれは「大人」です。
c0087396_1211031.jpg
↓とにかくおいしそうにタバコを吸います。(嫌煙だなんて能書き垂れたら何を言い返されるかわかりません)
c0087396_12111864.jpg
c0087396_12112971.jpg
わたしタバコは止めましたが、こんな場面のタバコっておいしいんですよね。
[PR]

by brighthorn | 2010-10-20 12:21 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2010-10-20 23:23 x
先生の感想から次郎さんのお声を想像してみました。察するに、低く野太い声ではないということですね!?次郎さんは今、写真を見てもとても魅力的な殿方ですよね。
Commented by brighthorn at 2010-10-21 05:17
リップスティック さん
野太い声ではありません、ネズミの王様のような声です。話し方は普通で学者のような感じです。チェ・ゲバラもそうでしたが、共通して目が優しいのですね。