誰も真似のできないこの迫力(故人)

集英社「男の肖像」(写真家:稲越功一)より色気抜粋。
なお、本誌は友人より頂いたものであります。


◇男とタバコは欠かせないものであると思わせる切り取り方です。トレンチコートやとっくりのセーター、どれを取ってもタバコのにおいがこびり付いているようです。阿久悠さん(当時44歳・故人)
c0087396_17385763.jpg
◇ベッド中でこの人をなんて呼べばいいの?と言わしめたこの色気ある表情は誰も真似できません。
吉行淳之介さん(当時57歳・故人)
c0087396_17443226.jpg
◇この神経質そうな顔、こんな男を女は黙っておりません。木村功さん(当時58歳・故人)
c0087396_1813478.jpg
※まとめ
1.顔にほくろが多いと男らしく感じます。
2.おでこを広くして、屈託のない笑顔と流し目の練習をしましょう。
3.神経質になるには他人に厳しく自分にも厳しくなりましょう。

【このブロクは、集英社「男の肖像」誌を題材にして、男の生き様は顔に出ると言う小生の持つ信念の元にこの写真誌を鑑賞しています。。この度、掲載写真を取り上げましたが、私はこのブログにより利益を得たり、また集英社「男の肖像」誌の権利を侵害しようとするものではありません。】
[PR]

by brighthorn | 2011-01-08 17:45 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2011-01-08 23:28 x
人間歳を取ると、その人の生き様が顔に出るといいますよね。3人ともそれぞれに自信に満ちたいいお顔をしていらっしゃると思います。
Commented by brighthorn at 2011-01-09 05:36
リップスティック さん 生き様が間違えなく顔に出ますよね。皆さん、とっても素敵に見えました。スター誕生のときの阿久悠さんはとっても怖い存在でした。美形ではないですが使ってきた頭脳が現れています。