二ノ宮キャリー

c0087396_1202760.jpg多く荷物があろうと基本的にはタクシーなどを使わずに公共交通で移動するようにしています。(身に染みた経費削減)、駆け出しの頃は先輩に連れられ荷物運びのロバ状態で背中に何冊もの図面を背負わされ二ノ宮金次郎状態でした、今は心臓にも腰にも見た目もよくないので荷物運びツールはキャリーとなっています。

キャリーにもいろいろとあるのですが、すぐ壊れるモノは論外ですけど頑丈さを売りにすると重くなりますしね、軽いのはアルミ製、しかし強度をつける為に部材の断面を大きくしないといけません。お気に入りのキャリーは写真左、右はつい最近購入したものですが違いはズバリ「タイア」。左はゴム製(航空機に使われるような直線モールドタイプ)、右はただのプラスチック、それだけでショックの吸収性能と走行時の騒音が違います、次にタイアの前にある泥除け、これがある事によって荷物とタイアが擦れないので荷物に傷がつかない。こういう所が大事なんですね。

難点もあります。右のキャリーのように荷物を受ける荷台が広がらない。これがあればよかったのですが、その場合は合板を敷くようにしています。しかしながら浮世の駅舎の風は冷たくキャリーを引いた状態ですんなりと電車のホームまで到達できる駅はほんの少し、その他の駅は階段をキャリーを抱いて下りたり、上がったりする始末。荷物が多量な場合は、一旦荷物をキャリーから降ろさないといけません。健常者でこれですからハンディキャップの方にはまだまだ厳しい公共交通施設です。

キャリーを引っ張ってナカメを下りて、我が家に向かう「心臓破りの坂」を上りきり、玄関に到着し荷物を降ろしてから「相棒(ポチと呼んでいます)」の車軸に油を注ぐ習慣になっています。
c0087396_6184271.jpg

[PR]

by brighthorn | 2011-07-07 06:21 | from Brighthorn | Comments(6)

Commented by murayasu428 at 2011-07-07 20:17 x
道具を使ったらメンテする。流石ですね。
Commented by サントラ at 2011-07-07 22:55 x
brighthornさんおはようございます!
ポチとはいいネーミングですね。
ポチのえさは、CRC5-56ですか?(笑)私はこれを欠かせません。

Commented by リップスティック at 2011-07-08 00:07 x
重い荷物がある時は、キャリーがあると全然違います。でも、確かに階段の上り下りは不便ですよね。。。
Commented by brighthorn at 2011-07-08 05:08
murayasu428 さん
竿も使ったら赤マムシオイルを挿してます。
Commented by brighthorn at 2011-07-08 05:10
サントラさん

軸にはグリスを少々、他はCRC、ボディの鉄部は自転車の油です。
Commented by brighthorn at 2011-07-08 05:11
リップスティック さん

階段があると大変です、エスカレーターも無いところは必死になって下ろします。安物のキャリーはこういう場面で壊れてしまうのです。