食卓の音

昔の日本の食卓にはリズムを持った音がありました。

突然、そんな事を言いますがある本を読んでいたら「おかかかき」という言葉が文章の中に出てきました。ん? と思いその後の文章に「かつをぶし」を削る「かつをぶし削り器」の事を作者はこう呼んでいたのですね。

確かに我が家にも「かつをぶし削り器」たるものがありました、先ほど母に聞きましたら「とっくに捨ててしまった」ようで現物は我が家にはありませんでしたが、削ったかつをぶし受けにはいつも小さな「かつをぶし」が入っていた事を思い出します。現在、我が家は日本橋でかつをぶしを調達しています。

◆それでは懐かしい「かつをぶし削り器」の奏でる音を聞いてみましょう。
[PR]

by brighthorn | 2011-07-14 07:06 | from Brighthorn | Comments(4)

Commented by murayasu428 at 2011-07-14 20:05 x
こんばんは。
いい音ですね。かつをぶし削り器、家にもあつたような?
Commented by リップスティック at 2011-07-14 22:30 x
昔、我が家にもこんな「かつをぶし削り器」がありました。これで削るのって、結構疲れるんですよね。
Commented by brighthorn at 2011-07-15 04:55
murayasu428さん

かんなをさかさまにした様な削り器でした。今も売っているようです。
これも名器言われる削り器もあって、かつをぶしの薄く削れるようですね。
Commented by brighthorn at 2011-07-15 04:56
リップスティック さん

私なんか手を削りましたからね。チャッチャッカチャッチャッカいい音しているといい削りが出来ているんですね。