懐かしいライター

今日は明治公園のフリマに行ってきました。強い日差しの中の真夏のフリマです。
c0087396_15182019.jpg
今日は懐かしいライターと遭遇したので購入しました。これはわたしが学生時代からあるオーストリア製のオイルライターです。風が強い時は胴体についているウインドーブレーカー・ボードをあげ防風できるようにしたライターです。昔はこれよりも胴体の長いタイプもありました。今でも売っているかどうか調べていませんが、わたしは東急ハンズで買ってました。タバコはやめましたが、火付け道具はいつも気になります。
c0087396_152256100.jpg
c0087396_1523876.jpg
 【IMCO(イムコ)は1907年にオーストリアで金属製ボタンの製造会社として創業した。1912年、オーストリー政府からの要請を受け、戦場で兵士が使うマッチに代わる火着け道具の開発に着手。条件は、雨の中や強風下で確実に着火できること、また、ハードに使用しても壊れないこと。これらを全てクリアして出来たのがイムコ・オイル・ライターであった。●当時発明されたばかりのフリント(発火石)を円形ヤスリでスパークさせる画期的なシステムにより、片手での着火が可能。また、火をつけたままオイルタンクを脱着することが出来る構造は、代用キャンドルや夜間の光による通信、ハンドウォーマーなどに使用された。●シングルアクションで着火出来る「イーファ」というモデルの登場は、世界中に多大な影響を与えた。ちなみに、ZIPPOの出現は1930年代に入ってからである。現在のイムコ・ライターは、より一層使いやすく、また耐久性を増したモデルで、もちろんオイルタンクの脱着も可能。世界で最も長い歴史を持つメーカーとして、イムコは今もヘビーデューティライターを作り続けている。 】
[PR]

by brighthorn | 2011-07-17 15:38 | from Brighthorn | Comments(8)

Commented by 田沢雄一 at 2011-07-17 16:09 x
これ渋谷の東急ハンズで買いました。

オーストリア陸軍が使用とか何とかPOPに書いてあったような?
Commented by brighthorn at 2011-07-17 17:01
田沢雄一さん

同世代ですねぇ。渋谷のハンズで得意になって買いました。
裏蓋に「imago triplex」と書いてありましたが、探しても今のところ出てきていません。
Commented by murayasu428 at 2011-07-17 19:15 x
私も持っていたと思います。首からぶらさげる革のホルダー付きの物だったと記憶しています。
Commented by sunlife at 2011-07-17 19:50 x
このライターはIMCOではないかと・・・(a_a)
私は20代前半の一時期に煙草を吸っていた頃があって、アメ横でこのライターを買いました(6_6)
白山眼鏡店の前の狭い路地を入った店で買ったと記憶しています(^o^)
Commented by リップスティック at 2011-07-17 23:08 x
父がタバコを吸っておりましたので、いくつか高そうなライターを持っていたのを見た記憶があります。あれはいったい何処へ行ったのやら。。。
Commented by brighthorn at 2011-07-18 04:59
murayasu428 さん

革のホルダーなんかあったんですか。知りませんでした。ポケットに入れるには適当な寸法と適当に重さでした。
Commented by brighthorn at 2011-07-18 05:04
sunlife さん
IMCOというのですね。(虫眼鏡で読んだらIMCOでした)アメ横にはいろんな雑貨が売ってたりして面白い地域ですね。わたし「蝋マッチ」を探しています。
Commented by brighthorn at 2011-07-18 05:05
リップスティックさん
ぜひ探し出してください。そして神棚に飾ってやってくださいね。