「あわび」なもんだい

六本木の運動場で「しじみ」ちゃんと久しぶりに会いました。さて、そのしじみちゃん、昨日はデパ美容部員より化粧をされ、それはそれはうすーい黄緑交じりのコバルトブルーのアイシャドーを入れ、美人ちゃんに強いわたくしの網膜も驚くくらい美しく変身されていました。若いっていいですねぇ~ 

わたくしはローカルな地域でペテン師2級を長年やってますが、豊島の女のセリフの代表的なものは「若い子の方がいいでしょう~」まぁ、こんなことを言われますが、その場合わたくしの「返し」と申しましょうか、リップサーヴィスと申しましょうか、いつも「若きゃいいってもんじゃない!」と涼しい顔して応えるようにしておりますが、婆ぁのストリップに誰が金払ってみますかい?いわゆる「ケースバイ・ケース」なんですよねぇ。でも福島は桧枝岐温泉のストリップ小屋ではかなりベテランな踊り子さんでしたが満員御礼だったのは不思議でした。

さて、女の方もですよ、豊島になればなるほど「若い男」がいいと、血迷うようになりますが男のそれと血迷い濃度が2倍くらいあるんではなかろうかと、婆さん見ててそう感じています。わたくしの品の無いブログでもご婦人が見てらっしゃっているようなので変なことを書くとえらい目に遭いそうなんでナニなんですけど、豊島女はまず目が据わっています。別の言い方をすれば「堂々としてらっしゃる」、その目でヤングメンを押さえつけるように見るので、ヤングメンはビビッて動けなくなるのではないかと思われます。これは、実験用のハツカネズミで立証済みなようですね。

さて、本題からはずれましたが「あわび」の収穫、事をせくと色の悪い「あわび」を手に取るようになります。後で後悔してももう遅い。じっくりと検討し毅然とした態度で臨むと「ナイスなあわび」と出会うことになるようです。ちなみにATCの連中のブログで「乾燥あわび」という言葉をちらほらと目にしますが、このセリフはわたくしの登録商標、簡単に使われちゃ困ります。「あわび」について深い話ができて、水産庁からの「あわび調教師」の免状を受けてからお使いくださいませよ。あわびに当たると酷い下痢しますから気をつけていきましょうね。

本日は高級食材「あわび」についてのお話でした。(誤解なきように)

◆ 長崎漁連「ウェプショッピング」
[PR]

by brighthorn | 2011-07-27 06:03 | from Brighthorn | Comments(6)

Commented by Blue☆ at 2011-07-27 07:02 x
おはようございます。
使用許可申請いたします。
食べ物ではマロン(栗)動物ではリスの話もしましょう(爆)。
Commented by brighthorn at 2011-07-27 09:24
Blue☆ さん おはようございます。
そうでした Blue☆ さんも「あわび調教師」の免状を持ってました、失礼いたしました。

次回は栗とリスの話しを突き詰めましょう。
Commented by murayasu428 at 2011-07-27 20:16 x
こんばんは。
名古屋のペテン師2級の私も「乾燥あわび」使用許可申請いたします。
Commented by リップスティック at 2011-07-27 22:35 x
おや、この間までは「蛤」に夢中だったのでは?今は「乾燥あわび」ですか?
Commented by brighthorn at 2011-07-28 05:05
murayasu428さん
敵は手ごわいですぞ。ハマグリとシジミからステップUPですね。
Commented by brighthorn at 2011-07-28 05:06
リップスティック さん

ステップUPです。伊豆の旅館で食ったあわびの姿焼きはうまかったですよ。