声質について

わたしは地震以来、必ずラジオをつけて寝るようにしています。あれからいろんなラジオ番組を聴きました。人が寝てるんだから少しは「静かにせい!」と言いたくなるような騒がしい深夜放送などいろいろあります。

現在はNHKのAMで「ラジオ深夜便」を聴きながらまどろんでおりますが、さすがNHKと思うのは耳に優しいと申しましょうか、担当のアナウンサーの声が落ち着いていて聴きやすい。選曲も深夜放送向き、耳に入って心地よく安眠を誘う。。。これって大事なんですよねぇ~

今日の4時台は、増田あけみさんのインタビューでした。詳しく覚えてはいませんが、この増田さんの声も聞きやすい。いや、とってもやさしい。あんな声で耳元で「思う存分、心行くまでおならしてもよーございますわよ~」なんて言われたら1年分まとめてブゥゥゥゥゥゥ*---としたくなるってもんです。

なんと言うのだろう、声って大事ですよねぇ。昔の城達也さんの低い声など最高でした。

さて、ここで検討したいのは、自分の声をその場に合わせて声質を変えるテクニックって存在するものだろうかって事です。ヘリウムガスなのか?そんなのを吸って声を変えてしまうそんなおもちゃがありましたがこうではなく機器を使わずに声質を変えるテクニック。

1.怒るときは閻魔さんのような恐ろしい声
2.甘えるときはゴロニャーンと猫のようなか細い声。
3.女性としゃべる時は、低いスケベ声
4.普段はアナウンサーのようなハキハキとした感情を殺した声

どうでしょうか。。

それでは本日のドッナーツです。
「ベッリーニ:歌劇《ノルマ》 清らかな女神よ」この曲はギリシャの歌姫ナナ・ムスクーリさんの歌でメロディだけは知っていました。
電圧の安定しない蓄音機からのようですがなかなかいいと思われます。

[PR]

by brighthorn | 2012-02-20 05:58 | from Brighthorn | Comments(4)

Commented by murayasu at 2012-02-20 21:01 x
城達也さんのジェットストリームたまに聞いてました。低音の魅力ですね。牧伸二の「フランク永井は低音の魅力、水沢弘も低音の魅力、漫談の牧伸二は低脳の魅力。あ~あ~やんなっちった、あ~あ~驚いた」を思い出しました。
Commented by リップスティック at 2012-02-20 23:51 x
男性の低い声は魅力的ですよね。声が良いと得だと思います。
Commented by brighthorn at 2012-02-21 05:42
murayasu さん

低音者は皆、他界してしまいました。
牧伸二と言えばあのウクレレ、ん十万もするようです。
ジェットは今のより城さんのが一番いいですね。
Commented by brighthorn at 2012-02-21 05:43
リップスティックさん

わたし声変わりが遅かったので、ファンファーレのような声を出すのですが、どうでしょうか?魅力的でしょうか?