ステップ飛ばしの結果

わたしの友人が新入社員を前にした訓辞で
「感動を熱く語れる人になれ!」とどっかで仕入れてきた人聞きの良いフレーズを言ってしまい、幼稚園じゃあるまいし、後日恥ずかしくなったそうです。

皆さんもこんな経験ってありますでしょう、あとで自分の発言が恥ずかしくなったような経験。

それはさておき・・・・

似たような話ですが、わたしは人を見て発言を気をつける習慣を持つようになって「ん十年」です。この人だったらこんな所が神経質なので、ハイここまで!と話をするようにしています。それがうわべだけのなんとかと言われても出してしまった言葉は戻せないので話のリズムが遅くなっても注意!、注意!うらまれたりしますから要注意。

学校出の若い衆を連れて打ち合わせに行く時があるのですが、「頭の中で本日の打ち合わせネタを箇条書きに整理されていると話は単純に終わり突っ込まれないで済むんだよ」と教えているのですが。昨日は、1~5迄話して終わりにすりゃいいのに、誘導尋問に引っかかって6と7まで話してしまったあげく、相手に突っ込まれて痛い目に遭って(仕事が増えた)帰って来た話を、いわゆる素敵な体験を熱く語った若い衆がいました。

階段を登るような仕事をしているのに、ステップを飛ばすからいけないのです。今回は7段目で滑ったようです。10段目が仕事のENDとしています。
[PR]

by brighthorn | 2012-04-19 06:48 | from Brighthorn | Comments(0)