牛、豚、犬、猫、魚介類

いろいろな仕事にめぐり遭いますが、今回は食肉市場。いわゆる屠殺場ですね。牛や豚・・・我われがいつも食っている肉類を生産する公の施設です。(我われの仕事は入札行為によって受注しますから仕事を請けれるかどうかはわかりません。)「命」を食っているのはよくわかっているのですが調べれば調べるほどキツイ話です。2005年 ドイツの映画で「いのちの食べ方」という映画がありました。
c0087396_5385381.jpg

今までの仕事の中で、一番身震いする程強烈だったは「動物・・・・保護センター」いわゆる捨て犬、捨て猫の最終処分場です。わたしは処分場→焼却に至る経路のある事を設計しました。あと30分で処分される大きな犬と目が合いました。皆、身勝手な飼い主や生産者に捨てられた奴らばかりです。

こんな事を書くと「興味本位はいかがなものか・・」とののしられそうですが、わたしの仕事は興味を持って事前知識を得ていないと相手のニーズがわからないわけです。まぁ、犬を食う国もありますしね。ディープに調べていくと人間つうのは恐ろしい。。。
[PR]

by brighthorn | 2012-05-18 05:52 | from Brighthorn | Comments(0)