そうだったのかぁ~

おじいちゃんになったら「甘味処フレンズおばあちゃん達」を多く持って男じゃ到底恥ずかしく入れない「フルーツパーラー」や銀座の甘味処巡りをしたいのがわたくしのドリームです。

さて、下記の写真は週間文春の巻末の写真(文春さん勝手に使ってすいません)なんですが、「プリン ア ラ モード」、発祥は昭和二十年代前半に誕生され、発祥の地は横浜「ホテルニューグランド」だというのです。このホテル、マッカーサー元帥も滞在し、7年間もGHQに接収された横浜の由緒正しいホテルなのであります。説明によるとGHQの将校夫人から頂いたアメリカのお菓子学校の教科書からヒントを得て、かつ量もアメリカサイズで作られたそうです。

「プリン ア ラ モード」はわたし自身ですが子供の頃に渋谷のフルーツパーラーで祖母にご馳走になった記憶がありますが、あれから何度もチャンスが訪れているのに、いつもパスしてきたのはいろいろと理由があって、最後のパスは銀座の不二家で40歳の頃に食い損なっています。 あれから10年以上も経ってしまいました。

写真の「プリン ア ラ モード」は横浜山下公園目の前のホテルニューグランド1階レストラン「ザ・カフェ」で当時の姿のモノを食べることが出来るようです。
c0087396_5455118.jpg
さて、フルーツパーラーと言えば、東京神田にある有名店「万惣フルーツパーラー」が店じまいしてしまったそうです。日本一おいしいホットケーキもこれで食えなくなります(わたしは3回食ってます)。詳しくはこのブログに書いてありました。
[PR]

by brighthorn | 2012-07-23 06:08 | from Brighthorn | Comments(0)