サッポロは遠かった。

H海道庁からデンワがあって「これこれしかじかのあれの設計」があるんですが、実は予算が「これこれしかじか」しかなくて・・・・そんな条件でやってくれませんか?と言われたので、「打ち合わせにサッポロまでいけばいいのですね!」とヨロコビに満ちた声とともに、わたしの脳下垂体にある自動妄想機が働いて

「夏のレジャーにいいかな、出張・・・それも二泊三日でレンタカー借りて・・いろいろと廻って・・苦手なウニかなんかに挑戦したり、カニなんか食ったり、まてよ、アスパラとかトウモロコシとか、搾りたての牛乳やソフトクリーム食ったり、サッポロラーメン食ったり、ススキノを歩いてみたり、おお!それはいい話だな!」

「 じゃ、受けちゃおうかな!」

とコーフンしたら北海道弁で

「H道庁は東京にもofficeがある上、某繁華街に至近の場所に職員宿舎を持っているので、メールや電話で十分なので、わざわざ来ないでもいいですよ。」と言うのです。

え? 東京にH道の施設があるんですか?! そこのナニなんですかぁ~・・・・

「はい」

急速にクールダウン。

わたし達の仕事って(特にわたくしは)、そんな妄想の上、受注したり蹴飛ばしたりしているのです。

夢から覚めてしまったので真面目に考えることとしました。
[PR]

by brighthorn | 2012-07-27 07:15 | from Brighthorn | Comments(0)