「やっかい」除けシール

この頃はどこに行くにも自転車に乗ってるわけです。それはいくら猛暑日でも自転車に乗って汗かいても走っていれば風が当たり扇風機に向かっている状態と同じで心地よいからです。なんて走りながら思っていいたらバイクの免許証を得る高校1年生までは、主に自転車を移動手段として使っていたので「あの頃」に戻っているだけなんですね。

某店のプールは六本木のプーと違って冷たい水なので涼む目的で行きましてね、そのお店の駐輪場(ラック式)に止めようとしていたら、お掃除の方が「駐輪用のシールの発行を受けてください」なんて言われまして、「なんのこと?」と思っていたら、張り紙を指差さして「こんな事なんですよね」と言うので、フロントで会員証を提示してすぐシールを作ってもらいました。(サビ子ちゃんとツネちゃん用で2枚発行)
c0087396_3181399.jpg
このシールが無いと不法侵入駐輪とみなされて「撤去」されるようなので(本当にするかどうか別にしても)そんな事になったら「やっかい」ですから貼っておきました。

2週間と言われていた母の入院も伸びて(リハビリの関係で)「やっかい」がまだ続き、今後も続いていくのでわたし心を入れ替えて、掃除洗濯にお花の蘭への水やり、玄関先のお掃除にゴミ出しなど積極的にやっていますが、わたしに一番向かないのが「お掃除系」なようです。どうもめんどくさいし、フリマなどでわざわざゴミを持って帰っている状態なんでプラスマイナスゼロ。

洗濯したシャツやパンツは物干し場に行って、パンパンしてから洗濯ばさみではさんでますが、乾いたらその干し場に行って、洗濯ばさみを外して必要なものを取り出して(たたむ意識なし)その場で着替えている状態なんですが、今後、母のものはどうしたらいいんだべか?と心悩ましています。
[PR]

by brighthorn | 2012-07-30 03:45 | from Brighthorn | Comments(0)