魚の目なんかにゃ負けないぞ!

わたしの右足の小指には、わりと小粒な「魚の目」があって、その魚の目を取り去るように治療しています。

何ゆえに「魚の目」が出来るのか、何ゆえに「魚の目」と呼ぶのかよくわからないが、ここ数日、わたしの「魚の目」が活動盛んで痛くてしようがありません。

この季節、電車の車内で見る「ご婦人」の生足、足の爪に花が咲いたりメタリックに輝くカラーが塗られたりしている。しかしよく観察すると「魚の目」が夏の岩場に生息するフジツボのごとく生息している。「魚の目」持ちは実は女性の方が多いのである。@伊達研究所データーより

今週、割とあっけなく終わろうとしています。
[PR]

by brighthorn | 2012-08-03 08:06 | from Brighthorn | Comments(0)