ちょいこら革のカバンが気になり始めました。

仕事用というか平素どこに行くのにもナイロンのいわゆる安価な黒色のバックを持っています。

学校を出て設計事務所に勤めた頃は廻りの先輩(現在62歳くらい)は皆、革のショルダーだったりトートだったりしたので真似して革のショルダーを買ったけれど、いつのまにかなんか「革はちょっと重い!」と思って手にしなくなってしまってナイロン・バックに移行して現在まで来ました。(当時のバックは後輩にあげてしまった)

が、しかし・・この年になってまた革のバックが気になり始めました。学生が持つ革鞄もとっても素敵に見えますし、古いドクターバックも気になるところです。アメリカの郵便配達の方の革のメールバックもルンルン気分。

今日は大井のフリマに行き、その足でちょいこらポタリングでもしてきます。
[PR]

by brighthorn | 2012-09-09 06:47 | from Brighthorn | Comments(0)