経年変化に対する補修について

わたくしの目下の悩みは、年を重ねる度に「眉毛」が薄くなってきた事なのであります。ご婦人の場合はヤングの頃より眉毛のお手入れなどで人工的に眉毛を死滅させている方が多いと思いますが、殿方のわたくしはヤングの頃から一切そんな事をせず正しい生育を行ってきたのであります。

が、しかし・・・・

このまま、行ったらあと数年後には「麻呂」化してしまうのではないかと思うので、その時にあわてても遅いからして真面目に「眉毛書き」を松屋銀座(MATSUYA GINZA)の化粧品売り場の美容部員の方に教えてもらおうだなんてマジに思っているのであります。(そんな悩みを持つ殿方の諸君、一緒に行こうではありませんか)

別に美容部員でなくて近所のベテランなおばちゃまに教えてもらってもいいのですが、それでは「外向き」な姿勢ではありません。でもきっと

「殿方の方への美容指導はしておりませんので・・・」と断られるかもしれません。いや、もしかして「素質」があると言われ、ん万円の化粧品を買わされるかも知れませんが、そんときはそんときなので現金を多少忍ばせておいた方が、次回から大手を振って化粧品売り場を歩けるかもしれません。美容部員は売れればいいのですから・・・・

今後の展開として

1.美容部員と合同コンパ

などに持ち込めれば・・と思いましたが高いものに付きそうなので出した刀を引っ込めておきましょう。
c0087396_446172.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-10-30 04:47 | from Brighthorn | Comments(0)