温泉芸者と白足袋に憧れて

過去、多種多様なご婦人に痛い目に遭わされて来たが、胸に手を当てて思うにわたしは「温泉芸者さん」とはモミモミしていなかったと思う。
c0087396_14145170.jpg
福島の飯坂温泉郷ではストリップのもぎりのおばちゃんが舞台に出てきてしまって後ずさりしたこともあるし、射的をすれば全玉(コルクの玉)を使っても標的を落とせず、あまりにかわいそうだと言う事でおばあちゃんからミルクキャラメルを頂いて帰ってきたし、関東随一のエロ温泉と呼び声高い「石和温泉」では客引きから手を引っ張られ危うくブラジリアンのスナックで国際交流しそうになったりで・・・・わたしとしては温泉の帝王を仕損じてきていると思う。しかしだ、きっと今後も無いだろうが・・・温泉芸者さんに一度してみたかったのは

1.時代劇のように芸者さんの帯を引っ張って、あんれまぁ~とそんな声を出しながらコマのように回転させたい。
2.カツラ姿のままで芸者さんの背中を流してあげたい三助気分とか・・・・
3.温泉芸者さんと同伴チェックインとか・・・
4.芸者さんの白足袋の後ろにマジックで「ヘノヘノモヘジ」と書いてみたり・・・
5.和服の下にパンストしてたら、「それは邪道だ!」と指差して怒ってみたり。
6.カツラをかぶらせてもらったり・・・

2月1日はそんな妄想通りを通ったら、さらば伊豆長岡温泉郷なのである。
[PR]

by brighthorn | 2013-01-29 14:29 | from Brighthorn | Comments(0)