生きがいなんて嘘っぱちなんじゃねぇの。

自分は絶対にこの歌詞は「ウソ」だと思う。女性は過去の事など忘れ、前へ前へと進むラクビーがアメラグのような性質があると思うのですよ。この歌はもしかして「男」に置き換えてみたらどうだろうか。しかしだ、もしも今もこんなように思われているとするならばそんな男はシアワセだと思う。実にいい歌だ。

生きがい/由紀 さおり

お口直しに「恋は水色」


由紀さんの歌はいつ聞いてもいいな。とってもいいな!
[PR]

by brighthorn | 2013-02-12 21:04 | from Brighthorn | Comments(0)