トム・パーカー(プレスリーのマネージャー)

「The Elvis」ファンクラブ誌がついに絶対に触れてはいけないエルヴィスのマネージャー「トム・パーカー大佐」について触れています。

「パーカーに対して多くのエルヴィス・ファンが抱いている感情は否定的なものだ。詐欺師的な狡猾さをもってエルヴィスを飼いならし、徹底的にドル札製造マシーンと見なしたパーカーは、エルヴィスが本来持ち合わせていたアーティステックな才能の大半を見殺しにし、必ずしも質が高いとはいえない仕事に過重に従事させた挙句、早すぎる死に追いやった嫌疑によって今もって根強い怒りと恨みの対象となっている。」

『もし大佐がいなかったら、ぼくは今のようなスターにはなっていなかったと思う。彼は頭がとても切れるんだ』
---エルヴィス・プレスリー(1956年)
c0087396_17453613.jpg
c0087396_17454810.jpg
◆お知らせ
c0087396_17461151.jpg



[PR]

by brighthorn | 2013-04-14 17:46 | from Brighthorn | Comments(0)