フランケンシュタイン対地底怪獣

c0087396_630450.jpg
小田急線読売ランド前駅より徒歩10分の場所に客席わずか21席の本格的なシネマバーがあるのです。

かなり前の夏、そこで上映された「牡丹灯篭」を独りでバイクに跨って見に行きました。

歩道にバイクを置いてお店に入ると上映まであと40分もあります。ここのお店は飲み食いする場所と上映する場所は別れていまして、まず腹ごしらえとして「ピラフ」を頼みました。

食べ終わると上映室へスタッフに案内されます。

底意地の悪い日本の怪談「牡丹灯篭」、さぞや人気があると思い他のお客を待っていたらわたしを含んで観客3名のまま開演のブザーが鳴るではありませんか。。。

主演は本郷功次郎さん・・・・MMK(モテテモテテコマル)ほどの男前、ついでに幽霊からもMMK。

独りで怪談を見るという体験は初めてでしたが正直言って怖かった。

わたしの席の隣に今スクリーンに写っている幽霊の「お露さん」と付き添いの「お米」さんが座っていたらイヤだなぁ~なんて思うとますます怖い・・・

さて、その映画館ですが今年の11月で閉店するようなのです。ちょっと調べてみたら・・・

GWに東宝映画、円谷英二特技監督の怪獣映画最高峰「フランケンシュタイン対地底怪獣」の上映会があるようなのです。



◆ ザ・グリソムギャング
[PR]

by brighthorn | 2013-04-25 14:55 | from Brighthorn | Comments(0)