土地柄

c0087396_2017336.jpg
昨日、小学校時代のお友達のスバル君から電話があって「どうしてもチミに数点の土地(既存建物あり)を見てもらって、{Best バイ}かどうか判断して欲しい」との事でしばし川崎方面の土地を見に行った。但し、わたくしの条件は「オレに設計は頼まないこと」が条件。。気楽に設計を頼まれるのもいいが、知り合いとか親戚類のこんな依頼は断るのが正しい処世術(トラブルはしたくない)、但し土地を見て「いいか、悪いか」はやってあげている。

それはさておき、昨日見た物件にある古家があった。土地に入ると何故か「どこかからわたし達を見ている予感」がして気味が悪い、わたしは実は霊感が多少あって「感じる」のです。そんな土地は今までの体験では地形に難があり、凹凸型の土地で、隅角部に凹凸なデットスペースがあって、祠が欲しくなるような土地が多い。なおかつ、メンテナンスも受けてない古家付き。

「おい、これはやめろ!」
「なんで?」
「俺たちをどこかで見ている気配がこの家はあるぞ」
「お祓いしてもだめかなぁ~」
「たぶんダメだけど、そもそも建物を変形させなきゃダメだから地震に弱いよ」

「うーーん、じゃ次を見てくれる」

と言ってこの土地を後にしたが、スバルのテールゲートから遠ざかるあの家の二階の窓から変な予感が。。

スバル君、売れ残りの土地と言うのは理由があるのだよ。。また土地柄のいいのはずっと人が長く住んでいる
もので手放さないのだわよ。

余談だが、今、計画中の南麻布の土地も同じく地形が悪い。それゆえ都市計画で定められた容積率、建ぺい率を満足に得られないような土地となっているので実に無駄が多くなる。だから、このままにしておいたら?と言うつもり。
c0087396_6381686.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-11-24 06:44 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2013-11-24 16:25 x
私も少し霊感がある方です。
以前に知人が家を買ったと言って写真を見せてくれたことがあるのですが、何故だかわからないけれど、何かその家に気味の悪さを感じたんですね。
その後、どうなったかは知りませんけれど。。。
Commented by brighthorn at 2013-11-24 17:40
リップさん

前知識も無しに写真だけ見せられても感じるものですね。
土地に縛られた霊が古家に住み着いてしまって、誰も近づけないようなオーラー(霊波)を出しているんでしょうね。