とにかく酷い話ですわ。

c0087396_15595360.jpgこう言う事って「事実」としてあるんですね。
我が家の前はずっと昔は保健所だったんです。そこの玄関先に段ボールに入れられた産まれたばかりの赤ちゃんネコや犬を夜遅く捨てに来ていた人を何度も目撃しました。たまに老犬が保健所の外灯のポールにつながれて放置されていました。当然、保健所の裏には消毒薬臭い「檻」があってそこに入れられた子達が「クぅ~クぅ~」泣くのでその泣き声がわたしの部屋まで届いていました。

これが始まるととっても嫌な気分になりましてね、夕飯のおかずを妹と二人して持っていってあげたりしましたけれど、あの子達は食わないんですよ。。ただ怯えた目をして「お願いだから助けて!」と言う顔するんですよねぇ~。白状しますが何度逃がしたことかわかりません。放した瞬間、元気な子は猛ダッシュで逃げていきます。どこに逃げていくのかわからないけれど、もしかして自分を捨てた飼い主の所に戻ってしまうのでしょうか。

木造の保健所が建て替えられた時、工事人がいたるところから犬、ネコの白骨体を多く見つけたそうです。
いわゆる保健所単位で「殺処分」をしていたようですね。それについてもわたしは文句はありません。

それから何十年が経って、わたしは某動物愛護センターのある設計を請けた事があります。そこには大きな炉があり、殺処分された子達がバケットに乗ってここにドサッと落されて焼却処分をする機械を持っていました。
これに対しても否定する気持ちはもうとうありません。

とにかく飼い主さん等がしっかりと一生めんどう見る気持ちがうせてしまって捨てに来るわけですが、これは同じく機械モノであるバイクやクルマにも当てはまり、愛情を注がれなかったクルマつうのもズタズタな状態で放置されますから、クルマやバイクも根っから好きじゃない人は飼う(買う、乗る)べきでは無いと思うのです。


[PR]

by brighthorn | 2014-02-07 16:09 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2014-02-08 00:03 x
「犬・ねこ回収」だの「不用犬・ねこ」だなんて、あまりにもひどい書き方ですね。
これではまるでゴミのような扱い方ですよね。
一度動物を飼い始めたら、家族の一員として寿命を全うするまで愛情を持って飼い続けることが
飼い主の責任だと私は思います。
Commented by brighthorn at 2014-02-08 06:32
リップさん

病気になったからと言って捨ててしまう人もいるようで
昔は野良犬の捕獲として軽トラに乗った職員がクビを縛る
丸い針金で捕まえていました。

江ノ島に猫がわんさかいるのですがみんな手術して
増えないようにしていますね。猫好きな方の写真スポットと
なっているようですね。