新型爆弾について

わたしはモノゴトを信じやすく心配性なので大昔の湾岸戦争でフセインが出した「インキン大作戦(米兵のアソコが蒸れて痒くなって戦闘どころではない)」について真剣に悩んだことがある。

ヘルメットや戦闘服で武装したわたしがデザートブーツを履いてホフク前進中、突然空から降ってきた「フセインのインキン大作戦の噴霧式爆弾」に冒され、アソコが痒くて痒くて身をよじっているわたしや戦友達、伝染力も半端じゃなく隊長や軍曹にまで身をよじることに。。。士気の低下は免れない。

困ったなぁ~と思っていたら今度は・・・・

「米国で“ホモ爆弾”開発計画…同性愛者増やし士気低下狙う」そんな爆弾がついに開発されたというでないか。。」

フセインのインキン爆弾もいかがなものかと思うが、米国の"ホモ爆弾"もいかがなものかと思うのはわたしだけだろうか。
[PR]

by brighthorn | 2014-03-26 15:30 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2014-03-26 23:51 x
よくそんな爆弾を思いつくものだなと感心してしまいます。
Commented by brighthorn at 2014-03-27 02:33
リップさん

細菌兵器ってあるでしょう。それですよ。
これはスポーツ新聞に書かれたインチキ話ですが
わたしマジ゙に心配しました。これに当たったらヤバいって。