洋食屋の作法

本日のランチは昭和臭ムンムンする小伝馬町の洋食屋に入りました。
味といい、フォークとナイフを紙ナプキンに包んで出してくるその昭和の純作法に
ヨロコビを隠し切れませんでした。エビフライにポークカツレツ、そして味噌汁にサラダ
これで880円でありました。
c0087396_17435067.jpg

[PR]

by brighthorn | 2016-08-04 17:45 | from Brighthorn | Comments(4)

Commented by リップスティック at 2016-08-04 23:03 x
昭和ですね〜。
ボリュームたっぷりのランチですね。
Commented by brighthorn at 2016-08-05 05:58
このごはんに塩ふりかけて食うとうまいんですよ!今回スパゲッティがエビちゃんのベッドの役目してました。
Commented by サントラ at 2016-08-05 12:37 x
洋食という言い方もホント昭和そのものですよね。

実は私もライスに塩をバンバンかけて食うのが好きなんです。
同伴者からはいつも叱られていますが(笑)
それが最近のファミレスでは塩もコショーも何も置いていません、徹底的なローコスト運営?でテーブルから全て撤去されたんでしょうね、さみしいです。
Commented by brighthorn at 2016-08-05 16:40
サントラさん

塩を振りかけて食うのはおいしいですよね。
ゴマ塩じゃダメなんですよね。
ご飯に軽く醤油を少量振りかけて食うのもおいしいです。
ペンギンの形のような「ソースや醤油さし」は貴重品になりました。