指南本

c0087396_10145367.jpg
「輪行」(りんこう)と呼びます。輪行というのは自転車を解体して袋にしまい電車やバスに持ち込み旅してしまおうと言う遊びなんですね。僕は高校時代に経験していますが自転車つうのはやはり重いんです。肩に袋を担いで駅に向かったりするだけで疲れ果ててしまう。でもねこれが僕が青春時代の一つの「自転車旅行」のスタイルだったんです。自転車を卒業してバイクにまたがり、いい歳になって今度は車利用の行楽に移り変わっていきましたがこの自転車使った「輪行」旅行はもう一度やってもいいな!と思う遊びなんですね。

関連して、このようなHow to本、、、40歳からの山登りとか50歳からのなんとかとかいろいろと見かけますがなんで他人に指南されなきゃいけないのかと思うんです。なんでもいいから「やっちゃえ日産」@矢沢なんです。実際、輪行で大きな袋を山手線に持ち込んだら白い目で見られたりするらしいので環境が整っていないのが現実です。また自転車は車道を走りなさいよと言う交通指導も実はかなり危険で先日のランドナー(ポタリング)の帰り車道を走っていたら後方から追い抜いて行くBMWに幅寄せされて危険な思いをさせてもらいました。

文句言ってやろうと思い信号で横に並んだ時、ドライバーに対して抗議の表情をしましたら相手はそっぽを向いたまま。自分がやった事、わかっているんですね。信号が青に変わった瞬間にフル加速で逃げて行きましたが自転車を指導する前に四輪ドライバーも事前教育をしてほしいと思いました。

イギリスでしたかyoutubeで自転車が僕と同じようにされ転倒して大怪我をしたビデオが残っていましたが公道上では対等な立場のはずなのに逃げられてしまえば大怪我損ですものね。

皆さんもクルマには気を付けてください。奴らは自転車を虫けらのように思っているのです。
[PR]

by brighthorn | 2016-08-09 17:09 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2016-08-10 21:43 x
たまに「輪行」している人を見かけますが、やはり重くて大変そうですね。
意地悪なドライバーがいますよね。事故に遭わないように気をつけてくださいね。
Commented by brighthorn at 2016-08-10 22:02
電車の中でみますか
置き場所に苦心されているのではないでしょうか。
僕がやった時は車両と車両をつなぐデッキに置かして
もらいました。今は料金は取りませんが当時はチッキと呼ぶ
券を購入したと記憶しています。