濃い世界

c0087396_432787.jpg
わたしもシェイプアップしないとフリマで集めた革ジャンを吊るしているだけとなります。先日、バカでかかった1着(A-2)を高校時代の親友にあげました。奴はストレスで大デブとなりそれをきっかけにして着る物に無頓着となりました。剣道部で活躍した高段持ちです。若いときに持っていた筋肉が落ち、すげぇ腹になってしまいました。サイズがビック腹にぴったりでしたがちA-2の肩幅が大きすぎて肩が落ちましたがそれでも似合っていました。
c0087396_4555336.jpg
ミリタリー系の革ジャンと言えばわたし世代が強烈に思い出すのが子供の頃に観た映画「大脱走」のバージル・ヒルツ(スティーブ・マックイーン)でした。後々、雑誌でこの革ジャンや装いが全て特注らしいと聞きましたがミリタリーの革ジャンのマニアになった方の多くのスタートはこの映画にあったようです。その革ジャンマニアの専門誌があってそれをめくると濃い内容でわたしはついていけません、製造番号から製作地を推測したりわざと踏みつけてたり一緒に風呂したりして着倒した風合いをつけるために血の滲むような努力をしています。さて、アイビー嗜好の方達に目を向けるとこの季節はスタジャン、スタジャン世界も濃いものが多くあり目を見張るものがあります。

スタジャンで思い出しました。2013年の2月にこんな記事を書きました。あれから3年。お元気で暮らしているのでしょうか。
c0087396_5403319.jpg

[PR]

by brighthorn | 2016-12-09 05:27 | from Brighthorn | Comments(2)

Commented by byron at 2016-12-09 18:06 x
本家ロッカーズ御用達、ルイスレザーの革ジャンが欲しかったですね 裏地が赤色。いまだに高いんですよね。
ガキの頃は、クールス時代の舘ひろしさんや岩城滉一さんの革ジャン姿が鮮烈でした。愛車は黒のカワサキ750RS、現在300万円也。
Commented by brighthorn at 2016-12-09 21:48
しかしビンテージバイクが何ゆえ高い。。
性能なんか大した事無いのにやはりデザインからでしょうかね。
今、スズキのGT380(サンパチ)がいいな!って思っています。
舘ひろし、岩城さんは年を取ってからが素敵ですね。
バイクに革ジャン、今の季節は冷たくていけません。