復元

本日はイズワキさんでした。午後からイズワキさんと一緒に平成21年3月に火災焼失した戦後の内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878-1967)の自邸(設計者は数奇屋建築で有名な吉田五十八(イソヤ)、再建を果し4月1日より一般公開されているので見学に行って来ました。建設は㈱松井建設さん、松井建設さんは日本で唯一「社寺仏閣」建築を得意とした会社でこのような数寄屋造りの建物も得意とする建設会社であります。が、しかしこんな事書きたくないけれど、細部が雑でクラックがあったり隙間があったりと少し残念でした。それはそれ、大磯町や神奈川県が首相の自宅建物を復元しようとした姿勢はとっても立派なものだと思いました。次回は6月4日(10:00AM)
c0087396_1632340.jpg
c0087396_1634016.jpg
c0087396_1651640.jpg
c0087396_1653062.jpg
c0087396_166611.jpg
c0087396_166323.jpg
c0087396_1673559.jpg
c0087396_1681159.jpg
c0087396_1691680.jpg
c0087396_1695985.jpg
c0087396_16115470.jpg
c0087396_16132371.jpg

[PR]

by brighthorn | 2017-04-02 16:23 | イズワキ(クル-カット) | Comments(2)

Commented by リップスティック at 2017-04-02 22:08 x
立派な邸宅ですね。船の形をした浴槽が何とも個性的だと思いました。
しかし、やはり先生のような建築の専門家が見る所は、我々一般人とは違いますね。
Commented by brighthorn at 2017-04-03 06:49
船の形の浴槽はとっても有名な話でした。
ヒノキの風呂でした。
昔の写真集を持っていたはずですが、その記憶によるとその複製版のこれより細かい部分の納まりが丁寧でした。もっともこの建物は我々に見せる建物なのでちゃんとしたエレベーターまで設置されていました。役所の管轄らしい復元でした。