500マイルならぬ1マイル

こんな感動的な歌があったんですね。500マイルならぬ1マイル・・・・
前線に行かされた兵隊さんへ捧ぐ歌なんですね。


[PR]

by brighthorn | 2017-06-01 17:24 | 本日のドーナッツ | Comments(4)

Commented by サントラ at 2017-06-02 12:59 x
味方の陣地に戻る僅か1マイルの所でやられたんですね。
本人も遺族もさぞ無念だった事でしょう、これが戦争なんですね。
徴兵制のない日本では、所詮対岸の火事で終わりますが、これから先は分かりませんね。
最近、着々とキナ臭い法整備を進めている様ですから、ダメなものはハッキリNOといえる意見を持たなければいけないと思います。
そういう意味では韓国の国民は立派だと思います、現職大統領を罷免して監獄送りにするんですからね。

不謹慎でスミマセン、機関銃から薬莢が飛び出す写真がナイスショットですね。
Commented by brighthorn at 2017-06-02 16:45
サントラさん
とっても素敵なサントラさんの文面。
日本の自衛隊はアメリカの海兵隊のように
否が応でも戦地に赴くことも有りませんから
アメリカや他の国の若者はひどい目に遭っているんですよね。

スナイパーと言う映画を見ました。物語でも
リアルでした。コンバットで育った年代ですが
本当の戦地はこの歌の通りなんですね。
Commented by リップスティック at 2017-06-04 18:21 x
若い女性がお墓に寄り添って体を横たえて祈っている姿がたまりませんね。
ご主人が戦死されたのでしょう。涙が出ました。
戦争は絶対にいけません!!
Commented by brighthorn at 2017-06-04 21:20
リップさん

戦争に我が国も入るかもしれませんね。
北朝鮮が狙っています。