【建築眼 浅草→入谷 Part-1】VAN・鉄骨・やきそば

VANのセールでしたのでVAN本社まで行って来ましたが収穫なしでした。
その足で日の出桟橋から浅草までの水上バスに乗って浅草まで行きましてね、大好きなやきそばを食ってTipに行って一日が終わりました。

水上バスは東京観光の外人さんが沢山乗船していました。船に乗って見上げる橋の鉄骨は建築物と違う美しさがあります。無骨さの中の美しさ、実に男らしく感じます。
c0087396_19333442.jpg


浅草から歩いて10分の田原町(タワラマチ)においしいやきそば屋さんがあります。
c0087396_19353513.jpg

c0087396_19361363.jpg


キャベツだけのやきそばですが目の前のペンギンのような入れ物に入ったソースを円を描くようにかけてムシャムシャと食います。毎度食っていますがたまには「紅(紅しょうが)」もあればいいのになぁと思いますがとってもおいしいやきそばなんです。今日はおいなりさんと竹の子の混ぜごはんのおにぎりも追加しました。これで¥610-です。

なんか天気が良くない日でしたし、僕自身のバイオリズムの低下もあってあまり楽しくない日曜日でした。
[PR]

by brighthorn | 2008-04-20 19:29 | 建築眼 | Comments(4)

Save The Last Dance For Me

わたくしがもし新橋地域で少し有名な歌手で毎月LIVEを新橋SL広場でやらかせているならアンコールの曲目は毎回これ「Save The Last Dance For Me」を選ぶ事でしょう。

若いOLさんにどこに勤めているの?と聞くと「新橋ですぅ」と答えるのはとっても「おしゃれ」ではない!理由は「おやじ」の町だからです。とS水さんは昨日のジャクジーのお水の中でちょっとはにかみながら言っていました。なんとなくわかるような気がします。これがヤングな女心と申しても過言ではないでしょう。

だがしかし、長年男稼業を続けてきた「おやじ達」にも青春はあったのです。僕も含め40代のおやじ達にも間違えなく輝かしい青春があったのです。時には客先から納得いかない事を言われて、目の前のゴミ箱を蹴っ飛ばしてうさを晴らしてきたことでしょう。泣きたくなった事もあるでしょう、でも泣かずに我慢に我慢を重ねてきたのです。

指折り数えて事足りる女の人との交際もあったでしょう。。。。
そしていつも耳元で囁かれていたことでしょう・・・

それではおおくりします、カントリー・シンガー Emmylou Harrisバージョン

甘く切ない女心向きです。

Save The Last Dance For Me

[PR]

by brighthorn | 2008-04-20 08:01 | 本日のドーナッツ | Comments(4)