2011年 04月 13日 ( 2 )

負けました。。。。

年甲斐も無く・・・・・

c0087396_932329.jpg皆さん、こんにちは。目黒の中野浩二です。(ご存知の方はきっといないと思いますが) 本日も挑戦しました。この人、細身の男性に見えますが、実はバナーナの皮に似たソバカスのある女性です。コスチュームもベテランぽく決めています、自転車はイタリー製のビアンキ。きっと自転車としては僕の自転車「常三郎(ツネサブロウ)」の方が軽いと思いますが、いかんせん乗り手がへヴィ級なのでスピードが乗るまで時間が掛かる、言い換えれば加速性能が悪い。それと「年齢」による心肺能力の差は圧倒的。悔しいけれど、また負けました。(勝手に挑んで勝手に負けて・・相手にされていないようですが)





■ 競輪キングの中野浩一さんって誰よ?


[PR]

by brighthorn | 2011-04-13 09:48 | 自転車 | Comments(2)

避難方向を示して欲しい。

建物の性能として一番大切なモノは、耐震性もありますがそれに加えて避難経路が明確で経路上に破壊が無い事も建物の持つ大切な性能だと思うのであります。元々、建物の耐震性は「人が避難する時間、せめて建物は倒れないでいようよ・・」というのが耐震の目的であります。が、一生懸命、建物の耐震性能を上げても天井面、室内の仕上げ、窓のガラスなど危険物が沢山あってALLセーフテイは絶対にありえません。

ですから建物(施設)を利用する方・・・自分はどう逃げるかをちょっとだけ考えて建物を利用してください。

c0087396_635092.jpgこんな事がありました。
某六本木の運動施設にあるピラミッド型のガラストップライト・・・この下には22mプールがあります。3年前、わたしはこのピラミッドの前でタバコをすっていた時にそのガラス(網入りガラス6.8mm)にクラックが入っているのを見つけました。

すぐ運動場のフロントに「ガラスにヒビが入っているから交換したほうがいいよ」と言いましたら、なんと言ったと思います?
「この建物、うちのじゃないので・・・・」

これですよ、もしガラスが落ちて何かあっても「うちの建物じゃないから・・・」と済ませるつもりなんでしょう。ちなみにガラス面からプールの水面までの高さは5m以上。写真で見ると乳白色のシートをガラス面に貼っていますがこれは外部からの覗き防止、きっと飛散防止も兼ねているというでしょうが、逆に飛散せず一枚の板で落下してくると思います。 ←これは危ない。 (またガラスシートはガラス面に密着しますので温度変化でガラスが割れる場合もあります。) ※実際の現場ではシートの色を安全計算で選ぶようにしています。

昔(昭和49年)、丸の内のオフィス街でM菱重工ビルの爆破事件がありました。ガラスで腕を切断された方の写真を見たことがあります。まじに危ないです。なお、建築基準法ではプールの上(天井面)にガラスのトップライトを作ってはいけませんとは書いてありません。単純に屋根の性能として「耐火(防火)構造の規定に合致する」ガラスにしていれば良いだけです。落下してはいけないとは書いてません。

さて、3/11の地震で東京六本木のあのビルも揺れました。震災後、あのピラミッド型のガラスを点検しているでしょうか。・・・きっとしていません。どうかこれを読んでいるプル友達は一度フロントに聞いてみてください。建物には自己再生能力はありません。壊れたら直すまで現状維持ですから。自己再生能力が無い建物を補助するのが施設管理者の「目」です。「目」が沢山無い建物は凶器です。

□ お願い・・

このブログがこう言っているよと言わないでください。またアドレスも公表しないでください。きっと営業妨害だといわれますんで・・・・

僕は行っちゃいけないとは言ってません。行くなら危険性を認識した上で利用してくれと言いたいのです。

この記事はコメントを頂かないようにしています。ちなみに僕は防災工学の専門家ではありません。単なる流しの歌手でございます。


□ 昭和49年 ○菱重○ 爆破事件
c0087396_7334053.jpg


[PR]

by brighthorn | 2011-04-13 06:23 | from Brighthorn