2013年 10月 11日 ( 2 )

この方に聞きたい

この方が建築設計を選んでいたらどんな建物が出てきたか興味深いところですね。
c0087396_17151958.jpg

◆ NEWYORKER MAGAZINE
[PR]

by brighthorn | 2013-10-11 17:18 | 建築眼 | Comments(6)

聖家族教会(サグラダ・ファミリア)

サグラダ・ファミリアは2026年に完成するというが、
建築家アントニ・ガウディはこの設計にいくらの報酬を受けたか建築史には書いていない。文献には「無償」と書いてあるが・・・・それよりも地震に耐えられるのかな?



不特定多数の者が利用する大規模な建築物等の耐震診断の実施の義務付け等について定める建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第20号。以下「改正法」という。)が平成25年5月29日に公布され、該当建築物は

階数3及び床面積の合計5,000㎡以上の病院、店舗、旅館等の不特定かつ多数の者が利用する建築物等(※)であって、耐震不明建築物であるものとする。
※・病院、店舗、旅館等:階数3及び床面積の合計5,000㎡以上
  ・幼稚園、保育所: 階数2及び床面積の合計1,500㎡以上
 ・小学校、中学校等: 階数2及び床面積の合計3,000㎡以上等


わたくし高等学校に小学校、福祉施設、空港気象監視レーダー施設の耐震設計をしたが官公庁の提示する設計報酬があまりに安いので取ったら最後、請け負け覚悟。
何も触らなきゃいいのにって思う事もあるが、耐震設計って単なる構造計算による数値を具現化した上、建物を使う方の使いやすさなど配慮しつつやるのだが、ここは困る、あそこは困る。とわがままだらけ。

耐震改修したからと言って果たしてこの建物は大丈夫なの?と聞かれるけど、想定される地震がきてみないとどうなるかわからない。。のが正直な感想。一番怖いのが落下してくるガラス。ガラスという危険な材料を落下し飛散しても被害を与えないような材料に替えなさいと言わないのが不思議。細かく言えば、みんな危ない。
[PR]

by brighthorn | 2013-10-11 07:46 | from Brighthorn | Comments(4)