これがナイロンだ!

わたしが高校生の頃、中にはナイロン靴下を着用していた奴がいました。布施さんも高校生になりきってナイロンとチラスネしていたのですから・・・女子高の制服はセーラーがやはり正しいですね。
c0087396_17225334.jpg
一番右の女子高生は現在K山さんの奥方になっています。
c0087396_17274149.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-10-23 17:24 | from Brighthorn | Comments(6)

床本に一冊。。

c0087396_17151419.jpgファーのついたダウンジャケを着たあるご婦人が小生から2m以上も離れて歩くのが気に入らない。
そこで聞いてみた。。

「その距離感ってなーーに?」
「花(鼻)ほじくった手で触られたくないから・・・」

ん????ヘヴィデューティの本には書いてなかったぞ。。
[PR]

by brighthorn | 2013-10-23 11:35 | from Brighthorn | Comments(10)

クリームはその日の気分で・・・・

中延商店街のパン屋さんの店頭では、コッペパンにピーナッツクリームやチャコレートクリームをただひたすら塗りたぐっただけのお惣菜パンが売っています。

わたくしこれが大好きで昭和自転車に乗ってここナカメからサイクリング気分で買いに行くのですが、この塗りたぐりの量というのは、塗りたぐる女店員のその日の気分にかなり影響されるものであるという事に気が付きました。

購入の際、ニコニコしながら話す際では、けっして見え見えのおせじはいけません。このパンが何故においしいか。という事に集中し、「このパンもおいしいのは、パン自体のおいしさと微妙なクリームの量も関係するんでしょうね、先日は心持少なかったようでして、ウーン。。残念だったんですよ!」なんて言うとパン屋魂に火がつくようで前回はあまりの多さに閉口してしまいました。

まあ、たかが130円の子供用のパンにいい大人が恥ずかしいとは思いますが、前の人より我がほうのクリームが少しだけ少ないと思うとかなり一日の後半戦が不愉快となる場合もありますから、なにをやるにも真剣に監視しないといけません。

週末、台風だと聞きました。再来週の週末にこのパン屋に行ってピーナッツクリームを買ってこようと思っているのです。
c0087396_19455629.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-10-23 06:23 | from Brighthorn | Comments(4)

金属ボールを微妙な力で圧入するテクニシャンは誰?

この世にテクニシャンは多く存在します。夜のテクニシャンは加齢の為に引退を余儀なくされておりますが中学校から慣れ親しんだ万年筆のインクカートリッジの金属ボールの部分。これをどうやってインクタンクに押し込んだか、これはかなりのテクニックを要するものだと推測するのです。これに似たようなものではラムネのビー玉、これも圧入のテクニシャンが行ったものであります。しかしながら、意外と「な~んだ、そうだったんだ!」的なテクニックよるものなのは「夜のテクニシャン」の技とそう違いがあるものだとは思えません。
c0087396_641879.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-10-23 06:08 | from Brighthorn | Comments(4)