カテゴリ:自転車( 33 )

L.Lビーン

昨年、池袋のサンシャイン60で開催されたL.Lビーンのバーゲンで購入した防寒帽、夜の自転車運動で使ってます。これは優れものです。暖かい
c0087396_06562372.jpg
c0087396_06562335.jpg





[PR]

by brighthorn | 2016-01-12 06:51 | 自転車 | Comments(4)

自転車コスプレ(イギリス生まれのツイードランの日本版か) 東京やります。

c0087396_634759.jpg
ツイードラン東京が開催されますがな。。。

大阪のナニを見ると、この方々のすばらしいところは服装(ツイードを着て)だけじゃなくて自転車も好きと言うところにあります。なぜなら自転車のライディング・フォームが形になっているから・・・この方々はヴィンテージないい自転車ばかりです。東京はあまり期待できそうもなさそうですがきっと大阪の方々が参加されるでしょう。

本来なら、東京ポマードクラブのわたくしが昭和自転車をもって参加したいですが、ツイード持ってないので参加資格が初めからありません。秋葉系のジャージを着て、先日購入したツイードの帽子被ってもはじかれてしまうと思います。

こういうのを見ると「うれしくなります」ね。
ツイードラン大阪・・・・見れない方はmore参照。

キャンディブルーの昭和自転車に似たのがあったんで写真を頂いてきました。なかなかシックでよろしいがライダーの身体が大きいので24インチ車に見えてしまう。またランドナー等の自転車が多いのでさすが年配者の集まりだね。
c0087396_16374865.jpg
c0087396_16385319.jpg
高校時代のアディダスのジャージにローファー履いたわたしの写真を出したいが衛生悪くなるのでやめた。

More
[PR]

by brighthorn | 2013-08-30 06:36 | 自転車 | Comments(0)

輪行袋

c0087396_1144524.jpg時間つぶしに入ったナカメのパチンコ屋で小銭(7千円ほど)を稼いだので、それを軍資金としていつかは欲しいと思っていた自転車の袋(通称:輪行袋(りんこうぶくろ)を手に入れた。これで自分の活動範囲が広がるような気がしている。(今は・・・)

同じ趣味を持つIBMの「よしろうさん」にメールしたら、一緒に輪行してくれるというので心強い。
高校時代は同じようなスタイルで自転車乗ってユースホステルに泊まって、峠を越えたりしていましたが、もうそんな辛いの嫌なので、僕的には山道はゆっくり下りつつ風景を楽しむようなスタイルに変えていくつもり。
[PR]

by brighthorn | 2013-07-03 11:53 | 自転車 | Comments(0)

う~ん・・・いらねぇ

最高速度20km/hしか出ないのなら・・・
c0087396_5565394.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-06-20 05:59 | 自転車 | Comments(0)

真に受けちゃいけない

c0087396_21165996.jpg
F&E誌の1ページ。。。こういう記事は雨の日に自転車に乗ったことが無い奴が書く記事である。
真に受けちゃいけない。

1.雨の日に自転車は危険である。

でもどうしても乗らなきゃならない場合は、怪我と事故は自分持ちだと思い覚悟して乗りましょう。

わたし雨の日に乗ってペダルを踏み外し大転倒しカッパに穴を開けて、自転車も壊してしまった大バカモノです。
[PR]

by brighthorn | 2012-12-08 21:18 | 自転車 | Comments(0)

7500円の昭和自転車

金曜日にわたしコーフンして自転車を落札しました。1200円スタートでしたがわたくしこの自転車のハイドロ デュアル・ブレーキに心がキュン!としてしまったので、とりあえず5000円をほおり込んでおいたのです。

終了時間が刻々と迫ります。わたくしの目は画面に釘付け!あと10秒、9・・8・・7・・6・・やった!と思った瞬間、あと5分に変わりました。いわゆるわたしより高値をつけた奴が出てきたのです。

抜かれたら抜き返すがわたくしのモットー。次は細かく刻んで入札、すると奴もまた入札・・・まるでピンポンやっているようです。もうこれならいいだろう!と思った矢先、9・・8・・7・・6秒→5分・・・
エッ!まだやるの?相手も粘ります。もうこれ以上出せない価格7500円を最後に投入。やっと落札できました。
c0087396_2137895.jpg


この自転車です。
[PR]

by brighthorn | 2012-07-08 21:57 | 自転車 | Comments(0)

ライセンスホルダー

バンバンにつけていたVANマークを自転車(オールクロモリ・フレーム+700×28C フレンチバルブ)に移植しました。これでオーナーの世代がわかります。
c0087396_17103112.jpg
ここ数日、午前2時起き仕事が続いています。確かに図面等はかどりますがいささか疲れました。しかし昼寝をしたくても寝れる時間は20分程度・・・神経が高ぶっているのかも知れません。

[PR]

by brighthorn | 2012-06-23 17:25 | 自転車 | Comments(0)

BROOKSのサドル

昨日の日曜日、久しぶりに明治公園のフリマに行きました。折角行くならと思って自転車を引っ張り出してボストンバックを背中にタスキ掛けして出かけていきました。着ているものはメッセンジャーのようなレーシーなモノではありません。

早い話、チェーンの油でズーの裾が汚れてもいいようなドタズボンにボタンダウンシャツ。ボストンバックの中は帰り六本木に寄ってプールしたいのでプールの支度にワイヤー錠と自転車用の工具。

フリマでは特に掘り出し物は無く何も手にしないで帰ってきました。その足で六本木まで自転車、さすが自転車、六本木まで15分で到着。プール後にちょっと寄り道して虎ノ門にあるフレッシュネスバーガーでコーヒー。

30分ほど休憩し帰宅。そしたら途中でケツが痛くなり(サドルの取り付けを工具を使ってサドルを取り付け直してもケツが痛いから、きっと今のサドルが自分に合わないと思う)、座れなくなりましてね立ち漕き(たちごき)で帰ってきました。自転車通の方から見れば「情けない奴だ・・」と思われそうですがタマタマの付け根(女性にはわかんねぇだろうなぁ~)が痛いのですわ。朝からモミモミしているのですが一向に効き目ありません。

これはイギリス製のBROOKSのサドルを試してみるしかありません。
[PR]

by brighthorn | 2012-06-03 16:30 | 自転車 | Comments(0)

されど自転車

この頃、自転車に乗っていません。何かに取り付かれたように乗った時期もありましたが・・・うーん、やっぱ自転車用のヘルメットに要因があるようです。もう少し格好いいメットは無いものか?

わたしは二つのタイアがついた乗り物が好きです。自転車にはまったのが小学生の頃、ナカメの自転車Kidsとしてここら辺に住んでいたアメリカン・スクールの子と遊んだものです。奴らの自転車は映画ETに出てきたようなバナナシートのついたイージーライダー風の自転車、見た目から格好いい。ボディはラメ入りのメタリック。欲しくて欲しくて!でも日本の自転車屋では売ってませんでした。この自転車にはスタンドも付いて無くて置くときは壁にもたらせて置いたり、地面に倒して置いたり、自転車を乱暴に扱う金髪の子を見ているだけでコーフンしていました。
c0087396_702751.jpg
次にコーフンしたのが、中学から高校生の頃。ちょうどアイビー・スタイルに興味を持ち始めた頃です。わたしはその当時、ブリジストンの廉価なツーリング車に乗っていました。ドロ除けがついたセミ・ドロップハンドル、前輪後輪ともネジ止めの普通の自転車でした。当時、サイクルスポーツという雑誌があって、ここに載っている自転車屋が我が家の近所にありましてね、そこに置いてある自転車を見に行った時、大きな感動を得て(部品の美しさ)から、わが自転車を「大人の自転車」にしたくて部品を交換していった事があります。

昨年でしたか発売された「TAKE 8 IVY」誌のP59「キャンパスは自転車に乗って」という項があります。この文章は書き直されたと思われますが、わたしが中学時代に読んだ何かの本と同じ(きっと作者もおなじ)内容で、簡単に紹介すると「アメリカのキャンパスは大きいから、キャンパス内は自転車で移動、しかし盗難に遭う時もあるので、学生は前輪を外して教室まで持ち込む・・・・」ような事が書いてありましてね・・・
c0087396_7514862.jpg
「ん?前輪を外すだと?」この前輪を外し行為に「コーフン」して、自分の自転車に前後のハブをクイックレリースに交換したりして、いつも自転車への憧れはアメリカのキャンパスにありました。もっと言えば、学生はバーハンドルの自転車に乗っていて・・・(そんな事を書いてあった)ので、セミドロップハンドルをバーハンドルに変更ました。もう見た目は写真集から抜け出したキャンパスな自転車になってくれたのです。

そんな自己満足な自転車でしたが、オートバイに乗りはじめたのでずっと放置していたら、妹のボーイフレンドがその自転車を欲しいというので母が上げてしまって3ヵ月後、四谷の駅で盗難に遭い永遠の別れとなってしまったのです。

※P58のキャプションは、「高いブランドの自転車など乗っていない」と書いてありますが、残念ながらそれは違います。写真で見る限り、ドロップハンドルの品のあるランドナー車が多かったようです。

◆ 参考写真 雑誌オイリーボーイ附属DVD 「TAKE IVY」より抜粋
c0087396_6381990.jpg
c0087396_6383095.jpg
c0087396_638404.jpg


◆ おまけ 昨年の同月同日の記事。
[PR]

by brighthorn | 2012-06-02 08:01 | 自転車 | Comments(0)

出前スタイル

そば屋の出前を最後に見たのが、えーと・・・・31年前の文京区後楽でした。後楽という住所ですから後楽園の近所なんですが、そこにあったそば屋さんの旦那(当時で60歳くらいだったろうか)がごま塩のクルーカットで写真のようにもりそばを肩に積んで走っていました。わたし一度はチャレンジしてみたかったのですがそんな機会にも恵まれず横目でチラチラ見るだけでした。銀座界隈、築地界隈ではまだ商用自転車のキャリアにオカモチをくくりつけ、又はザルをくくりつけ走っている姿を見ますが、そば屋の出前スタイルは見なくなりました。
c0087396_624623.jpg
(写真は1986.2.10 Popeye誌より)

[PR]

by brighthorn | 2012-04-02 06:32 | 自転車 | Comments(0)