カテゴリ:ユーザー車検( 1 )

自分で受ける時代なんだね。

c0087396_16254977.jpg車検制度は日本しかない制度だと聞きました。さて車検時に伴う自賠責や重量税などの税金は別にしても、ディーラーに出すと「車検整備基本料金」と称して、言いたくはないですがまだ使える部品を交換し多額な整備料を請求される事が毎回でした。それはそれで整備工場の利益にもなると思って我慢してましたが、ある日、グローブボックスの中に、ストップランプ、ウインカーランプ等のまだ使えるランプ類が沢山入っていまして、「これって?」思った瞬間に過剰整備に気が付いたのです。その瞬間、僕がそのディーラーに向けていた信頼関係が崩れてしまったのです。また当方はあまり自動車(初度登録年月 平成5年3月)は使わないので次の車検(2年後の)まで3,000キロ(現在までの総走行距離:38,000キロ)しか乗っていませんのでもったいない(気づいた不都合や異音がありませんので)と思いましてね、今回からは自分で車検を受けようと思い本日は車検場に見学に行ってきました。
c0087396_15281595.jpg
c0087396_15324377.jpg
c0087396_15332911.jpg
c0087396_15334479.jpg
検査場の方に聞くと、車検受験者の1/3が今やユーザー車検だと聞きました。そんな難しいものではないらしいです。二輪に関しては親戚以上の付き合いをしているいつものクリニックに出すのは変わりはありませんが・・・

 ◆ 今回、車検ラインを見学しましたが正直な感想は「え?たったこれだけ?」でした。何もかもオートマティック化、最後の下回り検査の打撃検査も「こんな程度でいいの?」と思いましたね。これじゃ、いつかは日本の車検制度はきっと制度自体が無くなってしまうと思います。 
[PR]

by brighthorn | 2010-02-25 15:43 | ユーザー車検 | Comments(6)