カテゴリ:ハイキング( 22 )

山靴

僕はナチュラリストではありませんし山屋でもありません。
まだ健康だった頃はハイキングによく行っていました。道具は全部恵比寿のモンベルで仕入れましたが唯一の失敗は山靴でした。それは毎回ですが下りの山道でダメージに合い数か月後には両足の親指と小指の爪が生え変わる状態でした。原因はいろいろとあるんですが、靴を買え替える予定でした。
で今回は山靴の聖地「東京・巣鴨の登山靴店ゴロー」さんで大枚はたいてオーダーしようと思っているんです。僕の条件は山道はもとよりクルマのアクセルとブレーキ、クラッチペダルをもまともに踏める、そんな靴をマイ仕様にしようと思っているんです。
c0087396_15485042.jpg

[PR]

by brighthorn | 2015-08-19 15:49 | ハイキング | Comments(6)

扇山ハイキング。。。

今回も最下位です。
c0087396_4561654.jpg
c0087396_4563250.jpg
c0087396_4571794.jpg
c0087396_4572920.jpg
c0087396_4574196.jpg
c0087396_4574950.jpg
c0087396_4575714.jpg
c0087396_45857.jpg
c0087396_4581951.jpg
c0087396_17491829.jpg
c0087396_4284384.jpg

[PR]

by brighthorn | 2014-05-12 04:56 | ハイキング | Comments(4)

出刃、行ってきましゅ。

c0087396_4392048.jpgこんな所に行けるほど体力と気力も無いのに「全出席」がわたくしの心もとないプライドです。本日はどのご婦人捕まえてわたくしの得意とする山トークをしてくるかそれが楽しみなのですが、お供にわたくしの中学時代の同級生のお姉さんが来るので保護者がいてくれます。しかしイタズラしそこねたお姉さんも来るというのでいささかばつが悪い。。

本日は相模湖~徒歩5時間の苦行です。






自信ありませんでしたが完歩できました。
c0087396_6461283.jpg

c0087396_2002430.jpg
c0087396_644383.jpg
c0087396_645929.jpg
c0087396_652147.jpg
c0087396_653592.jpg
c0087396_1651255.jpg
遠くに見えるのが富士山。
c0087396_16523143.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-10-13 04:46 | ハイキング | Comments(10)

行く前から筋肉痛で

今日も懲りずにハイキングに行ってきます。わたくしあまり山を歩くのが得意ではないのですが前回のリベンジで・・・・・・
c0087396_65958.jpg
写真に帽子があるでしょう、わたし今までこの帽子を持っていくだけで被ったことがないんですよ。なぜなら山道の勾配を登るだけで頭から湯気が出て帽子被っていたら圧力が高まって頭が爆発しそうになるからなんです。
今日はお友達の新橋三郎さんと梅さん達(おばちゃん達)で15名だそうです。
前回行った時に買った「登山補助棒」物干し補助棒に名を変えてしまったので持っていけません。それでは行ってきます。

◆ 無事に帰ってきました。
[PR]

by brighthorn | 2013-06-09 06:28 | ハイキング | Comments(0)

秋の貧血を誘う催し

ハイキングフレンドの黒ブーちゃんと六本木の第3コーナーを曲がったところでばったりとお会いしました。「この頃みかけませんねぇ」とわたし
「サボっているわけではないですが、ちょっと忙しくて」
運動場の面々との挨拶はこんな会話がスタートになっています。
c0087396_5442463.jpg
「ところで、また行きたいの?」とわたし・・・

「機会があれば・・・・でも今度はロープウェイとか利用して」
「オレも同じかな。、でもね僕らの代わりにリベンジをやってくれる奴がいるのよ」

私達は一度痛い目に遭いましたので、この系統の運動にはかなり恐怖感を持っています。わたしなんか両足の親指と小指の爪をダメにしましたから。あれからいろいろと言われましてね、山の上でコンビニで買った「ハンバーグ弁当」を食ったバカとか・・・そんな風に笑いのネタになってしまいました。恥かきに山に行ったみたいで・・・

凝りもせず・・また行きたいなんて思っちゃいけません。元々こんな山道なんかに似合う身体を持っていませんしね。今度行ったら、本気で貧血しそうですわ。現在、「登山補助棒」は洗濯物の吊るし棒で第二の人生を送っています。

◆ 前回の貧血ハイキングレポート
[PR]

by brighthorn | 2012-09-14 05:56 | ハイキング | Comments(0)

時代は山ガールである。(11/23 写真追加)

結論から言いますと・・・・

さすが六本木の運動場、ハイキングに来るご婦人達の「粒ぞろい」な事。但し、皆さんは正統派の「山ガール」、勝てたもんじゃございません。わたしと黒ブーちゃんは、700円で購入した「大山登山」と焼印を押された「登山補助棒」にまるで「セミ」のようにしがみつき、頭と耳から「湯気を出し」その上、荷物は付き添いのスーパートレーナー(愛称、原ティチャー)に持ってもらい先頭集団より60分以上も遅れて頂上に到達したのであります。@山岳カメラマンのわたしも「登山補助棒」にしがみつき必死にシャッターを押してます。
c0087396_5293436.jpg
本来のわたしの仕事は元ANK-CA(I藤妹)の補助を担っていたのですが、「山なんか登れない~!わたし・・」だなんてかまととぶりっ子をしていた彼女、始まったらスタコラサッサと行ってしまい、おいおいおいと言う内に頂上に到達しVサイン状態。。。わたしは麓で買っていったハンバーグ弁当をあまりの疲れで食えなくなったのを良しとして、他の山ガールと思いっきり談笑を楽しんできました。写真手前がI藤(妹)、中央が原ティチャー、奥が元劇団四季、「浜スーパートレーナー」
c0087396_5344386.jpg
彼女、帰りのバスの中で、「今日、頑張ったご褒美に」とアーモンドチョコレートをわたしに冷ややかな目つきと共に三粒くれました。(肉体疲労時の大恥)

それはさておき・・・・ベストショットです。
c0087396_542736.jpg
↑ひ弱な男ってダメよねぇと薄ら笑いを浮かべる他の山ガール。
c0087396_554098.jpg
↑山は登れねぇくせして、ネエちゃん捕まえて元気に談笑をするなんて「只者」ではないなと思って遠くを眺める「原ティチャー」
c0087396_5572872.jpg
↑ばかやろー!誘われても二度とこねぇぞ・・・と同一意見のゴール地点残り100mのわたしと黒ブーちゃん。(きっと二度と誘われないと思われます。)

◆ 一言(山岳トレッキングを終えて)

1.壁前面の鏡部屋を抜け出したわたしが悪い・・・黒ブーちゃんのお言葉
2.貧血チェックします。・・・・と言われたわたし、あの時ウソでも貧血になっときゃ良かったと後悔
3.山ガールを捕まえて・・・・いい巻きスカート(ブラックウォッチ)ですねぇ・・できれば竹が付いた金色ピンがあれば「おじさんはもっと頑張れたのにぃ~」とポニーテールのねえちゃんを捕まえて・・・ハマトラ好きなわたしの一言。
4.紅葉綺麗でしたねぇとニコニコ顔でささやく女性に対して・・・・「見てねぇよ」と返すわたし。
5.プールではいつも頑張ってますよねぇと言う女性に・・・・「お口の体操はね・・・」と返すわたし。
6.しかし温泉饅頭って湯気立つけど、俺たち二人も似たようなもんだな・・・と黒ブーちゃんと談笑するわたし。
7.来年もあるってよ・・・と・・・「たぶん、書類審査で落とされますよ」と登山補助棒にしがみつきながら曇ったメガネの中でポツリと黒ブーちゃんが言いました。
8.左足の親指の爪はご臨終・・・・わたし
9.背骨に付いてる筋肉が痛くなった。おいしいスペアリブが食いたくなった。
10.足手まといの人生もアリかな???(出来の悪い二人の意見)


それでは、最後に建築設計屋らしくまとめさせていただきます。

「登山補助棒」について

1.寸法
  長さL=1,580mm、径=36mm(六面取り) 固さ:柔らかいので木製の手すりや甲板には使用不可(材質:杉)

2.仕様改良点の提案及び考察

 ・均一の径を持った丸棒ではなく、上に行くにつれ太くして、グリップをつけるがよろし。
 ・これはきっと「おみあげ」の分類は入る木材加工品であろう。
 ・700円・・・妥当な山価格であろうが、建材店では扱って25円。(業販価格及び業界認識)
↓ネームタグは焼印。価格の大半を占めるであろう。
c0087396_6354392.jpg
↓実績の証である先端の木材疲労。時に「テコの原理」利用して石をのけたり、山ガールのお尻をツンツンしたり、滑りそうな時、目まいが起きて後ろに倒れそうになった時の「つっかえ棒」として、反面、粗大ゴミを持って帰ってきたと怒られたり、蕎麦屋に忘れたり・・・そんな登山補助棒は後生大事にするものでもなさそうです。
c0087396_6413651.jpg




11/23に追加した写真です。
[PR]

by brighthorn | 2011-11-21 06:44 | ハイキング | Comments(18)

その性能は本当かと言うモンダイ。

天気が回復しそうな予報なので、本日ですが中止だと思っていた「トレッキング」が開催されます。で、昨晩から荷物を広げ、さてどうするか?と考えていましたら、わたし、ここにある70%はフリマで100円とか300円とかマウンテンパーカーにあっては1,600円とかで手に入れたものでした。
c0087396_4114329.jpg
さて、本日はマウンテンパーカーのお話です。わたしが持っているのはシェラなんだらかんだら・・・などという有名品ではなく、Mikeなんだらかんだら と言うシェラなんだらかんだら の完全コピー品であります。完全コピーだけあって調べる限りではディテールはまったく同じ。主体となる生地も60/40。
c0087396_4155573.jpg
c0087396_41991.jpg
c0087396_4523012.jpg
さて、マウンテンパーカー愛用者の皆様にお聞きしたいのは、このマウンパの性能の事です。F&E 2011-9月号 P087によりますと 「・・・特に秀逸なのが縦糸にナイロンを40%、横糸にコットン60%を使った素材。コットンよりも通気性に優れていて、ナイロンよりも摩擦に強いのが特徴で、雨などに濡れるとコットンの横糸が水を吸って膨張して、生地の密度を高めるので水の浸入を防ぐのはもちろん防風、防塵効果もあり、レインコート代わり・・・」 となっていますが、下線を引いた部分、これが一番気になる部分で、わたしのはとりあえず昨晩の暴風横殴りの雨、駅から下りて10分程度でしたが傘などさしてられないのでフードをかぶって歩きましたが、下(腰の位置にある)のポケットの中に水が浸入した程度で後は特に問題は無かったのですが、実際の所、横糸だ縦糸がどうのこうのと言われても体感していません。風圧のかかる場合は×ですけど・・一般的な降雨の場合。。

皆さんの「シェラなんだらかんだら」だとどうですか? これ着て、「雨+暴風の中を10分以上傘無しで歩いた経験」がある方、教えていただけませんか? 
[PR]

by brighthorn | 2011-11-20 04:54 | ハイキング | Comments(14)

寒くなってきましたねぇ~

東京地方は昨晩よりグッと冷え込んで、なかなか渋くなってきました。単車の手袋もそろそろ取替え(中間冬季用)、春夏用の上着も冬用に取替える時期となりました。

さて、来る土日は天気悪いようで日曜日のハイキングはもしかして×になるかもしれません。つうか、前日が雨なら足元が悪いので危険、そして当日はきっと風景も見られず雲の中をひたすら登るように思われこれもちょっと・・・・・ね。

延期したらぁ? と言うと延期したら皆さんの次の都合が合わなくなると言います。が、無理して事故るよりここは中止して次の機会を狙うのが 「大人の企画」 です。どうも運動場(フィットネスクラブ)というのは、鍛えるとか根性とか・・・そんな言葉がすきそうです。風景鑑賞など二の次ですからね。巾広い年齢層、誰もが同じ体力やテクニックや経験や装備を持っているわけではありません。何かあってもダマテンを食らわしそうです。(企画者は臆病者でなければなりません)

これから天気予報が変わって晴れてくれればどんなに良いかと思うばかりです。
[PR]

by brighthorn | 2011-11-17 07:14 | ハイキング | Comments(8)

大山にビアホールは無いようである。

c0087396_5325397.jpg
六本木の運動場主催の《はじめてのトレッキング(登山)11月20日》なるものに申し込んだ。場所は神奈川県の大山つうところでケーブルカーが通っているから「らくちんらくちん」と思っていたがどうやらまじめに歩くみたいである。案内のパンプにこう書いてある。

出発:こま参道を通って男坂へ、きつい階段続きます。 

申し込んだ後、これを読んで「しまった!」と思った。だって、しょっぱなから階段だなんて疲れるじゃん。何段も続く階段はマジにキツイ。めまいするくらいキツイ。

昔、女の子とカップルでハイキングに行ったとき山道をショートカットしようとして急な山の勾配を登って滑りそうになった時に僕より20歳も若いその子に手を差し伸べられた、普通は逆だろう?なんて山頂で弁当食いつつ「やはり山は気持いいですねぇ~」なんて汗ダク状態の中、そんな薄ら事を言いましたっけ。

でもね、本音はね。

1.こんなキツイんじゃこなきゃよかった。とか・・・
2.後はおんぶしてくれないかな?とか・・・
3.うんちしたくなったら、この子にちり紙借りるのも恥ずかしいよね。とか・・・
4.この状態でこの子に襲い掛かって逃げられたら、俺は遭難するよね。とか・・・
5.おいしそうな鳥カラ、俺にもひとつくれないかな・・とか。

だったわけですわ。

◆ そのハイキングのレポートです。
「伊豆ヶ岳 心臓バクバク息切れハイキング靴下レポ-ト」
[PR]

by brighthorn | 2011-09-27 06:02 | ハイキング | Comments(6)

高尾山ビアガーデン・ハイキング

c0087396_1947574.jpg本気モードで暑いので、海抜500mの高尾山のビアガーデン・ハイキングに行ってきました。山の上り下りで大汗をかきいくら飲み放題といっても酔っ払わないのは大汗のせいに違いありません。
参加者(神楽坂のおんな(清水美沙似)、赤坂のおとこ、めぐろのオカマ)以上3名でした。









c0087396_19373092.jpg
c0087396_19375625.jpg
c0087396_19381021.jpg
c0087396_19382366.jpg
高尾山ではまだセミが鳴いていませんでした。

※歩数計によると・・・歩数:17464歩カロリー:674kcalです。大した運動ではありませんでした。
[PR]

by brighthorn | 2011-07-10 19:50 | ハイキング | Comments(8)