Elvis Live

昨日は銀座タクトで行ったお友達のライブに行って来ました。

彼らの事を知らない読者の方は、こいつらいったいなんだろう?って思うでしょうが彼らは日本屈指のエルヴィス・ファンなんです。ファンを突き詰めていくと最後は自分でも歌いたくなるのです。でもこれが上手なんですよ。真摯なエルヴィス・ファンがパロディにしているところがとっても良いのです。
c0087396_621230.jpg

[PR]

by brighthorn | 2013-02-25 06:03 | 靴下レポート

誰が決めたの?

c0087396_6141170.jpg都内の私立中学校、私立高校の冬のコートにPコート(右)ダッフルコート(左)を採用したのはだーれ?ステンカラーじゃまずかったの?そんな素朴な疑問がMR・Hさんから頂いた写真及び参考絵図を見て思いました。僕の高校時代(私立で共学)は紺色だった黒だったかあいまいですがステンカラーの襟を立て、マディソンバックかアディダスの遠征バックにサッカーボールのマスコットを下げて歩いてました。(サッカー部でしたので)

c0087396_7193450.jpg
昨日、東急東横線の中目黒のホームで東急線から日比谷線直通「北千住行き」の電車から下りてきた、たぶん僕くらいの人が紺のダッフルを着ていました。(学校の教師風な人でした)まだいたか!と思いましたけど・・・

わたくし、オフホワイトのステンカラーを持ってますが汚れるのが嫌でポッケに手を突っ込まない事と立ち食いそば、スパゲッティ・ミートソースは食べないようにしていますので制約のあるコートを買ったような気がしてます。で、そんなのはイカン、建築現場に着て行けない・・・という事で、モ○ベルから出している羽毛の入ったステンカラー(中華で作ってます)を買いましたが、おろしてから1ヶ月後に胸のボタンが連続して取れ始めたので、きっとモン○ルは正しい製造指導や自社検品をしていない事がよくわかりました。「アウトドアを売り」にしているなら悪までも重要部品は「ヘビーデューティ」でなければいけません。

本日のMR・Hさんのお言葉

アイビーの精神!ってバンカラとTAKE IVYに書いてあります!
VANから!です!
 

[PR]

by brighthorn | 2009-12-16 05:51 | 靴下レポート | Comments(6)

一年もたないね!

お気に入りの靴っていつも履きますからかかとが1年持ちませんでした。で、ニュー新橋ビルにある靴修理屋に持ち込んで直してもらったんです。靴が減ったら新しいの買えば良いじゃん!という思想というか感覚はもうやめにして修理しながらずっと履き続けるというのが正しい選択なのでしょうね。

この靴、以前に書いたとおり昨年の12月にREGALで買っているんですが、REGALってクリスマスの季節に購入するとクリスマスプレゼントがもらえるんです。それがなかなか良いもので去年はテディ・ベアとシステム手帳だったんです。今年もまたテディ・ベアだと聞いてますんで、同じシューズの茶色を買おうかなと思っているんですよ。
c0087396_1755243.jpg

[PR]

by brighthorn | 2008-10-21 18:08 | 靴下レポート | Comments(2)

パウダースノーじゃ雪合戦はできないのね・・・・

c0087396_7532599.jpg
昨晩遅く帰ってまいりました。わたくし初めてスカイマークに乗りましたけれど、基本的に過剰なサーヴィスを除いて運賃を安く設定したその姿はエライ!と思いますね。大手エアライン系だと飲み物のサーヴィスや機内販売などがあり小うるさくていけませんけど、これが一切無いので爆睡できる環境があるというのは嬉しい限りです。が、羽田などのボーディングブリッジはターミナルビルの一番末端ですからモノレールに乗り継ぐまでかなり歩くのが難点ですが、運賃が安い分は体で稼ぐしかありません。

僕は千歳に泊まったのですが、予想していた寒さとは異なり凍てつくんだけど、なんとなく居心地が良い寒さでした。雪も東京の雪と違ってサラサラでしたし、なんかむしろ東京の方がねっちょりとした寒さを感じます。2年前には春先の旭川、3年前には真冬の帯広を体験していますが千歳の方がサラサラでした。旭川でやらかした雪合戦はここ千歳では出来そうもありませんでした。

c0087396_8144738.jpg仕事は午後4時には終わり、相棒3人と空港で別れ(それぞれ別々の飛行機で帰るのが習わしだそうです)僕は21:00の飛行機でしか帰れませんから(便変更は正規料金を取られる)いろいろと考えた挙句に札幌の時計台を見に行く事としました。札幌までは新千歳空港駅からJR快速で40分ほど(1,040-円)で到着します。




c0087396_8192063.jpg札幌の駅前って福岡のそれによく似ていました。時計台は雪道の歩道を歩いて5分程のビル街の中に存在していました。時計台の廻りには中国や韓国の観光客の皆さんが沢山いて「※×※×○▽□・・・!!」などの言葉を発しておりました。












c0087396_8241176.jpgc0087396_8242495.jpg









その後、雪祭りの準備中の公園やTV塔、北海道庁をただなんとなく通過し駅に戻りました。東京タワーだとか東京駅だとか見慣れているわたくしには「あっ、そう・・・・」という程度の建物でございました。

以上、靴下レポート終わります。
[PR]

by brighthorn | 2008-02-02 08:53 | 靴下レポート | Comments(4)

沖縄レポ PART-1(観光編)

c0087396_6381141.jpg秋田美人があるのなら、沖縄美人もあるのでした。二日間の気温は25℃~26℃、東京からはいていった桃引き君はまったく必要ありません。




c0087396_647558.jpgc0087396_6492589.jpg









モノレールから見る町並みは白い外壁を持ち、また風通しが良いように配慮された建築物の多さには以前行ったサイパンとグアムの町並みにも似ています。そして南洋樹木の緑の濃さと沖縄人の濃い顔(特にお目目)はやはり常夏なのでありました。

c0087396_751657.jpgタクシーの運転手さんの話によると、沖縄全土の38%が米軍保有地であり、イラク戦争がはじまるずっと前には、米軍が沖縄に戦車や装甲車を運び込み、塗装替え(砂漠用の迷彩色)を行い、いつまにか船に積み込んでどこかに持っていったそうです。結果、持ち運んだ先はイラクだったそうです。また、米軍は自国の防衛の為(日本を守る為でなく)の拠点としてここ沖縄にいまだに駐留(占領)していると感じるそうです。

More
[PR]

by brighthorn | 2007-12-12 07:12 | 靴下レポート | Comments(6)

沖縄レポ PART-2(夜の部)

では、夜の部を行います。
那覇の目抜き通りと言えば「国際通り」らしく、修学旅行の高校生や旅行者が多く歩いています。まぁ、原宿の竹下通りと思えばなんとなくわかると思いますが、一歩この通りを奥にはいると熱帯魚の生息する花の香りに満ちたストリートが現れますが、本家本元の熱帯魚が泳いでいると思っても以前書きました八丈島の熱帯魚のように他県から流れてやってきたキンメダイかもしれません。
c0087396_20284764.jpg

c0087396_20333341.jpgc0087396_2036329.jpg









沖縄といえば、やっぱり「ハブ」、店頭にハブ酒が並んでいます。一口飲めば精力は増し疲れ知らずなるらしいです。そしておみあげと言えば、このシーサー、ずらりと並んでいます。自分はみあげを買わないタイプなので見るだけで素通りしました。

More
[PR]

by brighthorn | 2007-12-12 06:21 | 靴下レポート | Comments(2)

東京をベニスにしませんか

c0087396_552555.jpg
自転車徘徊で浅草やお台場を回ってきましたが下町や品川辺りには運河が多くそれはそれは興味深いのですが、東京や大阪の運河を見ても建物が運河方向に面してないようで、単なるどぶ川に背を向けて立っているだけなんですね。この写真だってそうでしょう。これは国が運河を計画して作ったのはいいけど美観を完全に無視した設計だったんです。言いかえれば土木の運河と建築物のコラボレーションが出来ていないんです。

ここをですよ、ペニスのように建物を水辺に面して開いてあげればどんなに美しく変身できるかと思うのです。ついでに水上バスを観光だけに使わないで、いわゆる路上バスのような船があってもいいと思うのです。写真のように屋形船が係留されていますがこれを利用して通勤船に使えばムダが無いような気がするんですがね。

c0087396_6183347.jpg
この写真は先日の新聞で「違法係留」という事で取り上げられた浜離宮脇の運河なんですが、違法だ違法だ!と東京都は騒いでますがね、こんな船の利用も考えるのも行政の役目だと思うのですよ。

建築基準法だって、地価の高い東京の住宅街で「こんなものしか建てられないの?」と言う都市計画をしていましてね、いくら緩和しましたと言っても日影の制限もあって別の法律で建てられない状況も生じて困ってしまう状況もあるんです。緩和のお陰で喜んだのはマンションなどの共同住宅(法律上こんな呼び方をします)なんですけど、どうみても敷地に対して大きすぎる、余裕が無さ過ぎるマンションが増えました。
[PR]

by brighthorn | 2007-11-15 06:33 | 靴下レポート | Comments(4)

仕事なのか観光なのか・・・プチ函館観光 靴下レポート

c0087396_18361288.jpgわたくし初めて函館に行きました。はーるばる来たぜ は-こだてぇ♪と唄ったのは北海道出身の北島のサブちゃんでありました。今は飛行機で約80分で函館に到着します。青森からの青函連絡船は廃止となり今は摩周丸が青函連絡船記念館となっていました。さて、わたくし実は仕事で行ったのでありますがやはり観光をしないとバチが当たりそうなので観光もいたしました。で何処を見たいと頭の中で検討すると、函館と言えば左の写真の坂道(八幡坂)でありました。この坂道の下りた交差点は今でも懐かしい路面電車が走っており、遠くは函館の港で青函連絡船が泊まっています。下の写真が今の季節の「八幡坂」であります。
c0087396_18583051.jpg

c0087396_184783.jpgc0087396_1947738.jpg









タクシーの運転士さんに聞きますと真冬は路面凍結で地元のドライバーはこの坂を登る事はしないそうです。(登れないそうです)、写真では女子高校生が自転車で元気登っていきましたが、実はこの坂の両端には歩道と共に歩行者用の階段が設けられていましたので毎日の上り下りはかなりキツイと感じられました。下の写真は旧青函連絡船の波止場から見た写真でありますが、見える山は函館山で山頂からの夜景が函館市の目玉となっているようです。
c0087396_18544973.jpg
ちょっと話が変わりますが、飛行機の中から見た十和田湖です。こうやって上空から見ると日本ってきれいな国ですね。左方向が北海道方向です。
c0087396_196577.jpg


More
[PR]

by brighthorn | 2007-07-25 19:11 | 靴下レポート | Comments(6)

QTローションってご存知ですか?

c0087396_705196.jpg休み明けから東京地方は強めの雨が降っています。だから昨日は太陽が見れて良かったなぁ~と思っています。さて、本日のお話は、海関連で日焼についてです。日焼のメカニズムや功罪などあらためてお話する必要性はありませんが、僕ら学生時代は日焼もてる彼女できるという=がとっても多い方程式になっていました。僕はヨットやってたんでシーズン中は日焼ですが日焼が実に汚らしかったのです。がしかし・・・オフシーズンになると日焼度合いもメーターが落ちていました。
僕と同じ建築学科の友人に四谷育ちの○山という男がいました。日焼したいんだけど、今はまだ春だし、でも夏に向かって日焼したい・・・けど海まで行く気合は無いという柔な男がいました。僕とは兄弟みたいにいつも接していましたから、ある日デパートにサンオイルを探しにいったんです。春ですらまだサンオイルなんか置いては無かったですけど倉庫にコパトーンのサンオイルが在庫として残っていた店があって何本かあったんです。

で、どれがいいかなぁ~と探していたら目についたのが写真のQTローションでした。効能書きの「速攻日焼、お部屋にいても日焼けできます」と書いてありましたので、僕等は半分づつ出し合って買いました。早速、家に帰ってから試しました。白い乳液を顔中に塗りたぐり製図台用の強烈なランプで照らせば今すぐ真っ黒状態だと思いついたのが僕で、○山の顔にそのランプをコンビニの保温ランプのように思いっきり照らし続けたのです。

More
[PR]

by brighthorn | 2007-07-17 07:39 | 靴下レポート | Comments(4)

海の日 【海の日だから露出したんですか?】

朝飯食ってから朝8時の電車に乗って逗子まで行き葉山のロイヤルビーチまで行って来ました。ちょっと衛生悪い写真から発表いたします。
c0087396_143259100.jpg

すいませんが、これわたくしではございません。

さて、この方、ビーチをこのTバック姿でうろちょろと歩きながら露出していました。普通のプールでやれば退場モノですがロイヤルビーチではまぁOKらしいです。でもね、小学生や幼児も遊んでいるビーチですから、僕は決して喜ばしいスタイルではないと思うのですね。男性の僕が見ても股間の部分なんか見られたもんじゃありません。干し柿が2つあらわになっていますからね。この人を見てセクシーだと思う女性は美的感覚がとってもずれていらっしゃいます。

それではじめましょう、海の日 葉山ロイヤルビーチ靴下レポート
[PR]

by brighthorn | 2007-07-16 14:47 | 靴下レポート | Comments(6)