もっぱらの・・・

僕のもっぱらの楽しみはインターネットで流れる音楽ストリームであります。これが妙に落ち着いて按配がよろしいのであります。
特にインストは心が落ち着いてきます。知っている曲がメロディだけになるってこりゃまた新鮮に感じます。特に日本の「浜辺の歌」は情景が浮かんできます。決して心が傷ついているわけではないのですが、何かをしっかり埋めてくれるミュージックです。

それではごきげんよう。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-31 19:13

秋のリクリェーション

寄り合いの秋のリクリェーションで温泉街に行ってきたのであります。そして僕は今大変に疲れているのでありますけれど、仕事で行くついでの観光地の方が僕としては楽しいと言う事に気づきました。物事全て「ついで」と言うシーンがとっても大切でかつ収穫も沢山あると思うのですが皆さんはいかがなものでしょう。

で僕はこの寄り合いの中では若い方なので、夜の探検隊長に命名され爺様達を怪しげな温泉街のストリップに連れ出したのでありますが、どうも爺様達は今一元気が無くストリップの値段を聞くだけで下駄と浴衣の裾をヒラヒラさせながら戻ってきたのであります。数年前でしたら、ハッハッハッ!と息を弾ませ行くところでしたが既に宴会でお神酒も沢山飲んでいる爺さん達にはスケベ心など消滅してしまっていたのです。枯れていくってこんな風なんだろうなぁと素直に感じています。しかし僕はストリップと射的そしてスマートボールは温泉街のゴールデン三点セットであると確信しています。

話は前後しますが、温泉やどの小鉢沢山の飯はあまりおいしくありませんでした。珍しいものですよ!と「ニワトリ」似の仲居さんは言いますが僕の口にはあいません。一番おいしく感じたのは野沢菜のお茶ずけであったのが残念でなりません。

それではごきげんよう。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-29 22:11

ナポレオンよ、教えてくれたまえ!

c0087396_1842466.jpg


チミのはいているズボンと言っていいのかなんて呼べばいいのかわからないけれど、これは現代のモモヒキと考えてよいのだろうか?蒸れたりしないのか?ケツが切れたりしないのだろうか?社会の窓はあるのだろうか?替えズボンは何枚用意していたのだ?洗濯したら物干しに干していたのだろうか?

僕は考え出すと眠れなくなるのだ。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-27 21:03

違うんじゃねぇか?

僕の前を歩いているフレッシュマンはスーツ姿に大きなグレーのリュックサックを背負っていますがね、あまり恰好良くないものだと思うのです。ご自分がそれでいいならばそれはそれでいいのです(ややっこしい日本語であります)けど見る側としてはあまり・・・でありますね。

さて話は変わりますが、僕がよく行く定食屋の昼飯は、いつも生卵がついてくるんです。ゆで卵にしてくれないかなぁ?と思うのですけど無理も言えませんからね。生卵専用の器の中でかき回して醤油を混ぜてまたかき回すと黄色い卵が茶色くなります。さて、僕はここでいつも迷うのです。どの時点でごはんにかければいいのかな?って。チャンスを待っているうちにすっかり忘れてしまうケースも今まで何度もありました。で最後はズルズルって吸ってみたりして、しかし白身のぬるっとした感触って気持ちの悪いものですね。一度慌てて吸ったら変なところに入ってしまって鼻から出てきて涙目の僕に店の人がテイッシュをくれました。卵関連なんですが、ガキの頃、玉子ってニワトリのお菊ちゃんから出てくると思っていましたが、あれって二つあるんですよね。今度、小学校のニワトリを捕まえて「どこにあるんざますか?」と見てみたいものです。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-26 21:01

ヤングの為にあるのかしら?

c0087396_1759453.jpgmixiつうのは参加しないと面白くもありがたくも無いような気がしてですね、自分の出た幼稚園、中学などのコミュニティに参加したわけでございますが、どうもヤングの為にあるように感じ、話は見えないわでちゅまんないの!と思っているわけでありますね。ヤングと言う言葉って死語かも知れないし、以前ディスコと言ったら笑われたしね。もっともこの年になるとヤング(しつこく書くぜ)との接点も無いわけで、恐ろしいほどの世代の違いを感じているわけですね。だから「気後れミクシィ」とか「爺婆のミクシィ」または「爺婆見習のミクシィ」ってないのかよ?と思うのであります。

ここで「大人ってなんでしょうねぇ?」なんて質問されたら大変困るであります。団塊の世代は僕よりもまだまだ上、そんなオヤシどもが「チョイ悪おやじ」なんて雑誌でもてはやされてますがね。体力も気力も無くなりつつある中で「悪さ」の表現なんかできるのかなぁ~なんて帰りの日比谷線の中で思ったであります。
このノリで「チョイ悪オババ」なんか出てきてしまったら、大変な事になりそうだなと思うのですね。もしかして二の腕の太さでそのステイタスが決まったりしてね。

そんなわけで本日はワラジのようなメンチカツランチを食ってですね、途中で飽きてしまい残したのであります。プライスは正しい昼飯のセオリー堅くなに守った価格で¥680-でありました。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-25 20:58

涙がでそうだ・・・・

インターネットで久し振りに伊藤咲子さんの「ひまわり娘」を聞いた。懐かしいな、俺とおないとしなんだよね。山口百恵も桜田淳子も森昌子も同じ年、そして伊藤咲子さんも同じ。伊藤さんはまだ元気で頑張っている、それだけで嬉しいのであります。TVの「スター誕生」みてましたか?

誰の為に咲いたの♪それはあなたのためよ
白い夏の日差しを浴びて、こんなに開いたの
恋の夢を求めて廻るひまわりの花
そしていつも見つめてくれる、あなた太陽みたい

涙なんか、しらない、いつでも微笑を
そんな君が好きだと、あなたはささやく
もしもいつかあなたが顔を見せなくなれば
きっと枯れてしまうのでしょう、そんなひまわりの花


あなただけの花になりたい、それがわたしの願い・・・・・・



じつにハツラツとしていたなぁ・・と思いますね。
やっぱ人間、ハツラツとしてなきゃだめだよ。

c0087396_18373024.jpg伊藤咲子さんのサイト

この時代はスカートが短くて、ハイソックスだったんですよね。通学の時にみたオフィスレディの皆さんもスカが短かったです。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-21 18:31 | Comments(6)

今日の話は真面目な気持ちで書きます。

わたしながら族なんですね、今日もラジオを聞きながら仕事をしていました。特に午前中の人生相談が自分にも当てはまるし、人生色々だなとも思うのです。今日の相談は、62歳の母のタンスを開けたら「大人のオモチャ」が入っていて、「わたしは母を不潔な人間だと思ってしまって、この件について母に話そうかと悩んでいる」という相談でした。母は彼女が五歳の時にお父さんと死に別れ今まで再婚もせず一人身であったそうです。

相談員はこう言いました「あなたは性欲ってないの?」娘はこう言いました「あります」
相談員は「お母さんだって人間よ、性欲だってあるのよ、それが不潔なの?」とたしなめました。
付け加え、人間の性欲処理は、千差万別で処理の方法も違うのは当たり前。そしてあなたを今まで育てるまで、誰とも交わらなかったお母さんを不潔な女だと言ってはいけませんよ。とのことでした。僕はその通りだと思います。娘さんもやっと理解したようで、母に言わないで知らずにいるようにします。とのことでしたからよかったなぁと思いましたね。

皆さん、この件について不潔な母だと思いますか?

わたし思うのですが、ラブホテルもシティホテルも大人のオモチャ屋も大きな人間貢献をしていると思うのです。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-20 19:48 | Comments(7)

2ヶ月ぶりんこ

c0087396_6341777.jpg

2ヶ月ぶり・・・昨晩、バッテリーを充電しエンジンが廻るようになったのであります。バンバンと比べて重いから乗るのが面倒になってしまうけれど、ちゃんとメンテナンスしてあげないとかわいそうでありますからね。僕のべんべちゃんも都内でもそう見なくなりましてねクラッシックバイクの仲間入りになりそうです。わたしバイクは好きですけど、BMWバイクのコミュニティとか好きではないんですよ。同好の士が集まるとろくなもんではなくなります。うんちくがすごいわけです。あの部品を取り替えたら乗りやすくなりましたとか、バカ言ってんじゃないよと思うのです。乗りこなす事が重要なんで、新車でまだ1万キロも走っていないのに、ああでないこうでないと言うのはガキの頃から乗りつづけてきた僕としてはケッ!と思うのです。たかがべんべであるわけですね。乗り姿でベテランか新米かなんてわかるものなのでパーツーに何十万も支払う前に、自分の技量を磨いた方がいいのですね。それではごきげんよう。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-19 06:41 | Comments(4)

パイナップルその他

昨晩はどうしてもパイナップルが食いたくなってご近所のスーパーにあらかじめカットしてあるパイナップルを買いました。夜遅くの時間帯では通常価格¥298より100円引きになりますからお得価格でありました。実はわたしパイナップルはどちらかというと「芯」が好きなのです。甘いようでいて、コリコリ感がたまりませんね。というのは昨日の話・・・・

今日は堕落した生活を送りました。先日の木曜日にライブが遅くまであり帰りついたのは午前に零時に近い時間、翌日は打ち合わせなどのハードスケジュール、昨日の土曜は出勤、その後銀座に行ったりしましてね。で、今日はライブのまとめで早朝から作業。終わったのは11時頃。午後からバンバンちゃんでどこかに行こうかなぁ?と思っていても行きたい場所は見当たらず。あ~ァ、ちゅまんないの?と言う気持ちで本日は終わりました。

それではごきげんよう。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-15 19:56 | Comments(6)

せわしい姉さんでらっしゃいますこと!

本日の朝の通勤電車で座っている当方の前に立ったお姉さまは大変にせわしい方なのでありましたね。立った瞬間、ハンドバックの中からお粉を取り出しパタパタと塗りつけ、お目目を描いて、一通りの鏡チェックを終えましたら、今度は携帯でメール書きこれもひと通り終えますと今度はちり紙を出して鼻をカンでらっしゃいました。相当の量が鼻腔に溜まっていたらしく音を聞いていてこちらも気持ちよく感じましたのでお姉さんを上目遣いで見ておりましたら、目と目が合いましてね。なんてブスなんだろう?って思いました。手鼻なんかやったひにゃ、周りの兄さん達はきっと逃げ出すだろうなぁとも思いましたね。壁に耳あり、電車に目ありでございます。
[PR]

by brighthorn | 2006-10-11 20:22 | Comments(8)