同好の士と遊んでいたのが楽しかった時代(その1)

c0087396_18329100.jpg現在はもう既に会うことも接する事も全ての機会を失ってしまったが、何年も前 エルヴィス・プレスリーという人物を題材にみんが楽しく集まった時代があった。仕事以外の人に会うのが僕にはとっても新鮮ですっきりしたものである。この写真は六本木で時間制限ありカラオケ付き一本勝負の鍋を囲った時の写真。ひと通り食い終わり、カラオケの時間に突入、もちろん僕も歌った。何を唄ったか忘れたけれど、たぶんアグネス・チャンの「草原の輝き」だったような気がする。僕の横にすっごいおもしろく、また人物も出来ているテリー君が座っていたから、なんかからかってやろうと思い唄い終わってから突然唇を奪った。男にキスするのは体育会の時の余興以来だしね。僕はなんの抵抗もない。面白いもので、あいつ目をつぶってやんの・・廻りの仲間は大騒ぎ。僕の右手の指先をみてよ、いやらしいでしょう。

c0087396_1873748.jpgこの写真は、テリー君の息つきのシーン、その後もう一発見舞っやってね、楽しかったなぁ。この店を後にした僕らは喫茶店でコーヒーを飲んで素直に解散したけれど、寒い季節だったので思い出した。手前のおねえ様は、KoJi君も知っているお友達でMちゃんと言う。元気なのかな・・・・

それではごきげんよう。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-31 18:21 | 伊達研究所 | Comments(2)

小掃除

c0087396_1859197.jpg結局なんだかんだとやっていたらマイスイートルームの小掃除になってしまい疲れたわけだ。掃除が終わったら今度はバイクの掃除、今回はチェーンの油が切れていたので注油しておしまい。来年もぶっ飛ばすから耐えておくれよ。





それから毎年恒例のバイク店に顔を出しバイクの先輩としばしの談義。
本年最後の話題は、「我々は子供の頃の記憶はどこまであるか」と言う事でした。
この話題は、皆さんご老体のため、昨晩の夕飯の事さえも覚えていないようなので話が続かなかった。だよな、俺でさえダメだものね。このブログでさえ何を書いたかすっかり忘れているもの。一人が廃油ストーブの火の具合を見ながら「じゃ、初めてバイクに乗ったときの頃を覚えてるかよ?」との話題になったら、出るわ出るわ・・人間、好きなことついての記憶って一生物らしい。

先輩が乗り始めた時代の東京は、まだ未舗装路の道ばかりでパンクするわ、ワダチで転倒するわ、ましてやバイクも壊れるわのそんな時代だった。ドイツのBMW、イギリスのトライアンフ、アメリカのハーレーに追いつき追い越せの日本のバイクメーカーは、たぶん現在は世界のバイクメーカーを追い越したと思う。だって性能いいもの。壊れないもの。

僕は16歳の3月3日に運転試験場で原付の免許証を取った。忘れもしない。
学科だけだったから教本を適当に覚えれば簡単に取れた。その前に父にバイクが欲しいと言ったら「欲しいなら買いなさい」と驚きの言葉を言われまして、3月3日の午後に納車してもらった。しかし、いくら黙って友達とそば屋のノークラッチバイクに乗っていたといえ、クラッチ付のバイクは手強かった。突然、前のタイヤ大きく上げて発進するわ、ギアチェンジは出来ないわでご近所の爺様婆様に「うるさい」と怒られたものである。

取り立て7日後はまともに動かせるようになったけれど、運転に熱中するだけで安全確認などおろそかで、右折した途端に対向の牛乳屋のカブとぶつかりそうになった。カブの人は大声「この小僧!」と怒鳴るからこりゃヤバイと思って僕は逃げた。それもトップギアで逃げたものだから力がなく、いつ首根っこをつかまれて捕まってもおかしくはなかった。たぶん泣き出しそうな顔して逃げたと思う。その半年後・・・

More
[PR]

by brighthorn | 2006-12-30 19:55 | 自動車・バイク | Comments(2)

ケネディカットにしてきました。



イズワキさんに行きました。(関連記事)
いゃ、すっきりしました。伸びすぎたクルーカットの髪は耳の半分を覆い、後ろ髪はジャケットの襟を隠していましたから僕は相当にうっとおしく感じていたのです。ケネディカットにした事により凛々しくお正月を迎えることが出来ます。帰り時間があったので、大磯の海まで足を伸ばして写真を撮りました。今日は空気が一段と綺麗なので遠くの山まで見渡す事が出来ました。写真ですがあまりに寒くて鼻の穴がヒクヒクしていますが・・・
先日、VANのセールで¥5,000-で購入したダッフルコートも僕の体になじんで来ました。学生時代は紺色のダッフルを着ていましたが、年齢からして紺色は学生のスタンダードなのでコーディロイを選びました。

今日、イズワキさんに言われて初めて気づいたのですが、僕のツムジの巻き方向は左巻きだそうですので、以前の分け方ではツムジ部分の毛が立ってしまうのは当たり前だとの事でした。
左巻きって子供の頃に聞いた記憶ではバカしかいないそうです。だから今日は直してあげるよといいコテで強制的に戻してくれました。話は前後しますが僕がお店に入った時にイズワキさんが僕に言いました。「おぅ、ミスタークルーカット来たな!」となんか嬉しかったですね。いつでもお坊さんになれる頭なのにね。そして「君はラクビーでもやっていたのか?」といわれましたが、僕は大学時代はヨット部でしたとお答えしておきました。

そんなことで本日のミッションは終わりました。報告終わり。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-29 18:25 | イズワキ(クル-カット) | Comments(15)

今年の働き蜂は終わりました。

今年の営業が全て終った。大きく人生のコースが変わった年であったけど結果オーライだったと思う。多くの心配事を日々持ち歩かなくてよくなったし、また僕とパートナーを組むのは僕の時代のパートナー(下着デザイナーの伊庭君)であるし、変わった事といえば通勤だけである。

で、思ったことはサラリーマンってセコイねとの事。稼ぎださないものね。また仕事って前に進んでいかねばならないのに話の骨を折ってみたり、遅らしてみたり、あれがなきゃ出来ない、これがなきゃ出来ないって能書きこくし、言うだけ自分の出来そこないを露見するだけなのにさ。馬鹿なやっちゃ。仕事って90%段取りの良さで決まるわけだから、能書き言う前に手と頭を動かせよと思う。また設計が遅れた事を他人のせいにするのもいる。パートナーを選んだのは誰なんですか?と僕は聞くのだけど答えはないものである。だから自分が悪いと思うのが正しいしさわやかでありますね。

c0087396_2162212.jpg

夏・・・

僕はバイクで休日ごと海に行って遊んだ。自分でやっていた頃はそんなことなどなかった。心配ばかりでいつも不安におびえていた。これがなくなって、「本当の休日」の意味を知った。
さて、皆さんはどんな年だったでしょう。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-28 21:13 | 新橋一郎 | Comments(2)

29日はクルーカットDay

10月2日にやったクルーカットが猛烈に伸びてしまったので5日前に予約をして29日にクリーンにして来るのです。今回はクルーのちょっと伸びた形の「ケネディカット」にしよう思いますね。どんな形にしてくれるか楽しみであります。また寒い時は毛糸の帽子を被って対応しようと思っていますがもちろん毛糸の帽子もトラッディでなければいけません。

ところで電車の吊るしに書いてあったのですが、宅八郎さんでしたっけ?
彼はホストをやっていたんですね。本当かよと思いますが、それなりに人気が出たと
思っています、どうでしょう?

女性の方にお聞きしますがホストに求めるものは何がありますか?
[PR]

by brighthorn | 2006-12-27 19:45 | 伊達研究所 | Comments(4)

めい一杯だから

土木の道路工事と同じく、我々設計事務所にも余った予算での仕事がたんまり来るようになる季節になった。役所からの指名はまさに「どうぞ沢山やってください」と言わんばかりの発注量で、今抱えている仕事も大変であるのにこれ以上やれといわれてももう出来ない状態。本当に疲れるんだよね。明日からは5階建ての高等学校の平面図をバリバリ書かないと次にもっていけないから考えただけでもうんざりなのであります。

c0087396_22435167.jpgいわゆるパニック状態で僕の机は資料や名刺類で散らかり悲惨な状態。誰か整理してくれないかなと思うのだけど、この山を崩してしまったら大変なことになるので触らないようにしている。
こんな状態の中で飲むブラックコーヒーはUCCであります。今日は三本やりました。



それでは休みます。おやすみなさい。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-26 22:44 | 新橋一郎 | Comments(2)

浜ちゃんへ

希望にお答えし写真を撮りました。
ジャンパーはコレクションとはいいません。数年間普段着にしていますのでずい分くたびれていますが、笑わないで下さいね。
昨年まで有ったVANのお店がなくなり、何処かへ移転したのかと思いHPで検索したら、本県には1軒も無くなっていました。もっと買っておくんだった。残念、誰か開店してくれないかしらん。

消防レスキュー隊員用ブーツの裏話
古いブーツを新調しょうと考えていた時、消防署で隊員の方が履いているのを見て「これダー!」 早速署内に入り「このブーツは何処で売っているのですか?」と入手先を割り出し、次の土曜に手に入れました。それはどこかと言えば靴屋さんではなく消防機器用品の専門会社でした。
社員の方に話しを聞いたところ『足にフィットし、どんな動きもでき、水場でも滑らない事が一番なんです』 『基本的には地下足袋感覚ですね』とのとこ。
「ははー! 江戸町火消しだな、だったらもっこリ君とまんざら無縁でもないか!」と納得

<使用感> 編み上げヒモを緩め、マンボズボンのGパンを入れて締め上げれば、心は即レスキュー隊員に早代わり。ブーツ内側上部にはゴムのイボイボがあり、Gパンが上がり抜けないようになっています。(写真をご覧ください)
ヒモ内側のベロは本体と繋がっていて風水が直接入りません。
バイク専用のブーツはふくらはぎ部に余裕がありすぎ、ダボダボ感がどうも今一つでした。これは非常に気に入っています。
別タイプでキャンパス地のようなのがあり、夏用にどうかなと思案中です。
他の写真は直メールで送ります。

***************************************************
c0087396_7445812.jpg

c0087396_7451189.jpg


ニーズに応えていただきありがとうございます。BMWはいつ見てもいいですね。
実にアダルトです。乗らなくなったら僕に売ってください。
さて、VANのジャケットは鮮やかなオレンジで恰好いいです。僕は凝ってしまうほうで
ちょっと話はずれますがズボンは後ろに尾錠がついているものをはいてます。
高知には「鳩屋」と高松にもショップがありますね。参照してください。
ブーツですが、これもヨシですね。紐は邪魔になりませんか?
僕はライディングの時はブーツをすぼんの下に入れます。水平対抗のシリンダーからの熱を妨げる為なのと恰好ですね。

ところで浜ちゃん、僕は今ブラザーズ・フォーをよく聞いていますが、浜ちゃんの年もブラフォーEverGreen時代ではないでしょぅか?ブラフォーのメロディをBMWのカウリングの中で唄いながら白樺林を駆け抜けると気持ちがいいです。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-26 07:58 | 自動車・バイク | Comments(2)

白血病、横浜マリンタワー

TV報道で白血病でなくなったお笑い芸人の方の話がありました。朝っぱらから葬式の話なんかあまり聞きたくもありませんが、実は僕の後輩も白血病で今闘っています。この白血病、医者によると突然なる可能性もあり、また防ぐ方法もないようです。これは運命だとあきらめてしまうしかないような気がします。

次に横浜港の氷川丸とマリンタワーの営業がなくなるようですね。僕もなんどデートでお世話になったかわかりません。ここから山手方向に歩いて港の見える丘公園、外人墓地なんか行きますとデートコースとしての王道を成します。事情通の方は、ここよりちょっと歩いてトンネル横の大きなダンスホールを見に行くというのもいいかもしれません。そして最後は中華街でお食事なんかしてフィナーレを飾ろうではありませんか!しかしここで本日のデートの終わりでは相手に悪いですから、少し歩いて伊勢崎町の怪しい小道を歩いてみるのもいいかもしれません。特に怪しい韓国街でハングル文字で書かれた裏ビデオのパッケージでハァハァ!するのもいいでしょうが、相手によってコース選定が望ましいと思います。

雑誌には横浜お薦めデートコースなんて書かれていますが、これを片手に歩いてしまおうなんて思う男がいたとしたらパンチを見舞ってもいいでしょう。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-25 07:31 | 伊達研究所 | Comments(5)

買い物の連日

c0087396_18592154.jpg

c0087396_18593380.jpg

今はいているオートバイ用のブーツがもう耐用年数を越えたのでまた同じブーツを買いに上野バイク街のCORINに買いに行った。このブーツ、安いけれどしっかりしていて\5,150-のプライス。この価格だからファンが多くて、僕に合うサイズが売り切れ、よって別の形のブーツ\5,150-を購入した。ちょっとごつくてシフトチェンジは慣れるまで大変だろうけどヘビーデューティモデルだからまぁいいかと苦渋の選択であった。

ついでにもはや懐かしい振り分けバック\1,250-を買った。ちょっとした買い物に便利なのでありますね。遠出する時は重たくデカイ工具袋はバイクのリアフレームにゴムで縛り付け、振り分けバックにはカッパや手ぬぐい、雨用のグローブ、お弁当などを入れておくには便利なのです。ついでに高校時代にはエロ写真集の隠し場所としても最適であった。

昨日は、VANのセールだったので友達と行って\5,000-のダッフルコートを買った。いや、実に重い。しかしこの頃、時代遅れのものばかり購入している気がする。

その一週間前は某デパガールに乗せられJ.Pressのラッキーセブンネクタイを買ってしまった。

けどまだまだ欲しいものが沢山ある。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-16 19:58 | 自動車・バイク | Comments(2)

キムチバスよ

超破格値の夜行バス「ザ・キムチ号(韓国製バス)」に乗って東北に行って来た。もちろん仕事でありますね。新宿を23時に出て延々と夜中の高速を6時間も走りやっと到着した目的地でありますが、6時間はしんどい、うとうとしながら前シートの握りを持って初めから閉ざされているカーテンの隙間から見る高速道路の明かりや人家の玄関先の灯りは「ごくろうさん!」と言っているように見える。

僕はこれを往復やったわけで、とっても疲れています。
そして「時は金なり」新幹線がいいな!と思ったのでした。
浮いた金でマッサージに行って来ました。
[PR]

by brighthorn | 2006-12-07 20:57 | 新橋一郎 | Comments(0)