<   2007年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

◇ 平成19年度の願い

平成19年度の願い

神様、仏様・・・・

c0087396_864770.jpg僕にハワイかタヒチでのお仕事をお与えください。
3年常駐させてください。言葉は慣れです。ジェスチャーも交えてコミュニケーションは得意です。長い黒髪にハイビスカスの花をつけた島の娘さんともお友達になれます。(但しオカマは嫌です)日焼けして真っ黒になったらそれなりに見えます。自信はあります!

神様、仏様・・・・実はわたくしこう見えても手先は器用でございまして、三つあみが出来るんです。お嬢様の髪を三つあみにしてあげます。ラブリー・フラ・ガールをジャパニーズ・ハイスクールガールに変身させてあげます。下宿があるなら下宿もOKです。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-31 08:10 | 伊達研究所 | Comments(8)

◇ ナイスバナナ!

ナカメを下りてしばらく商店街を歩くとちっちゃな八百屋がある。そこで三日に一度¥100-で5房ついているバナナを買うのだが、毎回まずかった。けど今日買ったのは甘くておいしい。なんか得した気分である。おやすみなさい。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-29 20:51 | 伊達研究所 | Comments(4)

◇ ちょっと薄ら寂しい

本日、設計したものが竣工した。だからどうしたと言われてもいいけど、とにかく図面以上のものができた事は喜ばしいし自分の考えたプランがこの世に生まれた事は何度経験してもうれしい。そして反面寂しい。大事に長く使ってもらいたいものである。

明日は朝から有楽町のよみうりホールで「改正建築士法」の公的な講習会。とにかく責任が今後重くなりますから、あんたがた建築士は真面目にやんなきゃいかんよとお上の無責任な話しを聞くわけである。明日は建築士のマスクして朝から行こうっと。その前に汁出ししてから行こうおっと!
[PR]

by brighthorn | 2007-03-28 20:43 | 伊達研究所 | Comments(2)

汁を出す人出させる人◇ ※二日目

LEONを読みながらバイスクル30分やった。そしてわかった。どうも巷に「チョイ悪爺さん風」が多いと思ったら皆、LEONを参考にして時代はイタリアなんだなぁ、左から2台目のバイスクルの爺もLEONなんだなぁ・・・JAPANがITALYの真似したって似合いっこないじゃんよ。オレはやっぱりフンドシの似合う体になりたい。

「FUNDOSHI」という雑誌ないけれど東京下町は浅草の粋でイナセな爺さんに焦点を当てたら意外と人気が出るかもしれない。と思うのは日本男児は心も体もMade in Japanなのであるわけで血が騒ぐからである。

六本木で働く夜のフィリピンの女の子達はちゃんと体を鍛えているんだねぇ・・・・
スッピン姿は見栄えは悪いけど、この場から出るときは完璧な化粧で見違えてしまうのであります。

あ~腹減った。。。。。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-27 21:09 | 汁を出す人出させる人 | Comments(2)

汁を出す人出させる人 ※汁を出す人出させる人

本日、朝七時からはじまるフィットネスに行って来た。まず初めは各種測定からはじまる。
その後、トレーナーの小股の切れ上がったおねえさんから「私の今の状態」の説明を受け今後のトレーニングの方針と言うか目標を定める。

More
[PR]

by brighthorn | 2007-03-26 20:28 | 汁を出す人出させる人 | Comments(4)

◇ 頭痛風

c0087396_17142396.jpg今日一日、東京地方も全国も良い天気ではアリマセンでした。僕なんか低気圧に弱いので朝から今まで寝たり起きたり、音楽を聴いたりとちょっとテンションが落ちた生活でした。そういえば昨日から僕は頭に風が当たるたびチクチクと痛いのでもしや「頭痛風」と思ったのです。でもそんな痛風ってあるんでしょうか?で胸に手を当てて考えてみたら、新しいヘルメットに原因があったのです。ヘルメットを被る時は上からスポッと被るのではなく頭の前からメットに差し込むように被るんですね。僕のような短い頭だと髪の根元からその瞬間後ろに引っ張られて被っている間は根元に張力が掛かってそれで痛いのが判明したのです。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-25 15:36 | Comments(4)

◇ コレクター

本日は昨年の暮れの「火の用心」の打ち上げで宴会がありましてその後、同席した当方の先輩んちに寄らしていただいて御趣味のホンダモンキーコレクションを見せていただいて感激したのであります。

c0087396_20405053.jpg下の黒いバイクが先日発売され数日のうちに完売した「モンキー発売40周年記念モデル」で上の黄色いのが初期型モンキー2代目であります。写真には写っていませんが黒バイクの後ろにはソレックスと言うレース用のキャブレターを装備した完全チューンのモンキーがあり時速100Km/hは出るそうです。











c0087396_2046477.jpgc0087396_20472310.jpg感激して目を丸くした僕に対して「オレのほかのコレクションでも見る?」とおっしゃるもので「見ます!見ます!見ますとも!」と言い2階に上がると、スヌーピーコレクションが部屋一面にありました。ここまでスヌーピーがあると部屋中が犬臭く感じるものです。わたしも昔なんですが河原に落ちていたモンキーを拾ってきて磨いて室内に飾りとして置いてあった時期があったんですが、茨城県水戸市に住む従兄弟にくれちゃって今思えば残して置きゃよかったなぁと後悔してしまったのです。
c0087396_2053298.jpg先輩とは小学校も同じでずっと僕よりも年が上なんですがオートバイが好きで同じBMWに乗っていて商店会も同じという事で親しくさせていただいているのですが、たまにアルバイトでダイビングの先生もやっていて顔はこの当たりでは「鬼瓦」と呼ばれるくらいの方なのです。写真はハリセンボンの剥製(口の中に子供のハリセンボンが隠れています)と人食いサメの歯とのこぎりのような歯が壁に掛かっていました。

それはさておき・・・・・
わたくし本日「ティップネス六本木」と言うフィットネスクラブに入りました。一番安い平日会員なんですが朝の7時からやっているのでちょうどいいかなって思いましてね。休日は基本的にいけませんし。今ね、僕は「過去のわたし」を消そうと思っているんです。4月から新しい世界を構築しようと思っていましてハイキングも始めるんです。それがいいなって思うのです。

それではおやすみなさい。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-24 20:43 | 自動車・バイク | Comments(2)

◇ ロボコップになっちゃいました

わたくし突然、腰が痛くなりまして帰りの電車や徒歩はとっても辛くまるでロボコップのような歩きをしないと痛くて我慢できませんです。先ほど「消炎剤のスミルスチック」を塗布しましたが治ってくれればいいんですがね。腰には自信があったんですが筋力が落ちているのか案配が良くないですね。何か重たい物を持ったとかそんな事は無いのですがとにかく突然でありました。50肩だし腰は痛いし情けないったらありゃしません。

さて、突然・・・わたくし、くずもちが食べたくなりました。キナコを振りかけて黒蜜をかけてプリプリしたバディをお箸でチョンチョンと突っついてくずもち君が「なにすんだよ!」と怒って身を硬くした瞬間にペロリと食べてあげたいですね。皆さんとお会いする事が出来るならくずもちを囲んで大いに盛り上がりたいですねぇ。

それでは腰が痛いので早く寝ます。おやすみなさい。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-23 20:09 | 伊達研究所 | Comments(2)

◇ ついでついで

c0087396_19294136.jpg渋谷から井の頭線に乗って現場に行く途中、時間があるんで吉祥寺の手前の駅「井の頭公園」で下車、井の頭公園を歩いてきた。井の頭公園の池のボートにカップルで乗ると必ず破局するというのが迷信にあるらしいが僕は乗ったことが無いからわからない。けれどスワン号を見るとスピード競争をしたくなってしまうのですが、一人で乗っても馬力が出ませんから×にしました。




c0087396_19555347.jpg話しは前後しますが井の頭線沿線に富士見が丘駅と言うのがあります。名前から想像すると大昔はこの当たりから富士山が望めたと言う地域なのでしょうが、その富士見が丘駅の目の前に庭に大きな松ノ木がニョッと一本伸びているお宅があります。医院併用住宅らしいのですがとっても目だって良い感じでありますね。





c0087396_2091459.jpg松と言うと主な用途は建物の自重を支える杭に使ったり、梁に使ったりしますが特に梁の場合は呼称を「松丸太末口(スエクチ)180」とか設計図に書くのです。末口と言うのは一番小さな丸太の部分を言います。ですから、「大工さん、この松丸太梁は末端が18センチ以上の直径を持つ松の丸太を使ってくださいね」となるわけですね。でも現代では松丸太を使うとなるとコスト大になりまして使えない状況なんですね。そこで、代わりに使うのが集成材と呼ぶ樹木の一片を何層も接着剤で合わせた無垢(ムク)では無い梁を使っているのです。もし現代に東大寺の大仏殿を作るとなると屋根を支える全ての梁や柱は大断面を持つ集成材で作るようになると思います。

ちなみに末口(スエクチ)という言葉、大学の建築学科では教えてはくれません。卒業し恥じを描くような図面を描いてやっと大工さんや材木屋の番頭が「若先生・・・・と呼ぶんだよ覚えておきなよ」と教えてくれるのです。恥は若い時にかいておくものなのです。

おやすみなさい。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-22 19:33 | 新橋一郎 | Comments(10)

◇ 待ってましたぜVANセール!

c0087396_1534099.jpg掘り出し物が取られちゃ困る絶対に困る!と思って朝一番で駆けつけた日の出桟橋のVAN本社!予想の通り毎度毎度お会いする60前後のクルーカットのおじさん数人が既にいらっしゃいました。お互い牽制球の投げあいで「今日はジャケット?」とか「パンツ?」とか聞かれるんですがね、大人気ないなァと思いつつも僕は6階に登るエレベーターまでダッシュしたり店内もお目当てのコーナーまで早歩きしたりと皆さん僕を筆頭にして全員Kidsなのであります。店員さんとも僕ら知り合いだから話題もはずみましてね、サイズで迷っていると助言してもらって簡単に「決定打」を打つことが出来るんですね。 

で今日の収穫ですが、スプリングコートが1万円ポッキリと尾錠付き新作短足パンツが20%引き、そしてジャケットが50%OFF(この縦じまを探していたのです)の3点を購入しました。僕のようにアイビーでも特にVANが好きな人って頭の形も似ているし、なんとなく下町の祭り男だしCoca-Coraが好きだし、時代遅れも気にしないしでとっても好感が持てるんですね。これが青山のブルックス・ブラザースだとアメリカン・カジュアルの色が強くなって客も店員も一丸となって「お洒落」路線を強調しているしカッコマンだし、連れのおねえさんが男の服を選んでるし、「おぉ~い!女の趣味が悪かったらどうすんだよ!アホゥ!」と僕なんか店と反対側のガードレールの上に乗って拡声器で叫びたい気持ちになりますしね・・・・男なら自分で選んだ服を見せて女に一枚も二枚も上手な所を見せつけようではありませんか!

横浜の元町に一世を風靡した「BOATHOUSE」というやはりVANの流れを汲んだ店があります。キャプテンサンタと云えば思いだしてもらえるでしょうが、昔はここもベーシックなボタンダウンやジャケットを作っていたんですが15年か前に「キャプテンサンタ」を前に押し出してしまってファミリー向けになってしまったんです。大人が胸にキャプテンサンタのマークじゃケツの坐りが悪いんで僕らは見向きもしなくなってしまったのです。だけどこのお店の店主は大きくニッポンのトラデショナルなヤングな服装に影響を与えたのも大きな実績で僕は今でもファンです。そしてそのファッションを「Blueトラディショナル」と呼んでいます。この時代、具体的には27年前、青山大学の前にあったこのボートハウスには長い行列が出来るほどトレーナーが売れたのです。女の子達は「ハマトラ」ファッションでとっても可愛かったし、僕と3つ下の妹もハマトラでした。(本日は僕の下請けで父の墓参りに行っています)そんな女の子達は今ではおばさん、僕たちもおじさんになったわけですね。

しかし、トラディショナルな服はこれ見よがしに着ないで脱いだ時「VAN?懐かしいわ(なぁ)」と思わせる着方をしないとなりません。アルマーニが横に来ようとチョイ悪オヤジが来ようと「オレはこれがいい」と心を動かさないのがVANファンなのです。
[PR]

by brighthorn | 2007-03-21 15:21 | 伊達研究所 | Comments(2)