<   2012年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

パートナー募集

パートナー募集

建築の構造設計(建物構造設計、耐震診断、耐震設計、主にRC構造、S造、木造はありません)をお願いできる方がいましたらbrighthorn@live.jpまでメールください。わたしは意匠設計で総括をしています。設計事務所の一般業務であります。当方は下請けは行っていません。すべて元請です。(役所が95%)

1.ガッツのある方
2.計画立てて仕事の納期を守れる努力をする方
3.ユーモアのある方
4.粘り強い方(泣き言の少ない方)
5.机上で構造計算をしない方。必ず現場に出向いて判断できる方。
6.コストに関して敏感な方(積算しやすいわかり易い設計図を求めています)
7.男性、女性は問いません。お釜やお鍋も可です。(そんな人いるかも)
8.資格は必須です。(構造設計一級建築士等又は一級建築士)
9.年齢は40代~50代前半までを希望してます。

※当方(当社)、お金の支払いはきちんとしています。
[PR]

by brighthorn | 2012-08-31 05:18 | from Brighthorn | Comments(0)

意識を失わないように

今日も午前三時から仕事して今にある。
今日は六本木の某公営競技の元締めの事務所でAM10:00から打ち合わせがあるのだが、打ち合わせ相手は物静かだしこちらの担当も毎日がお通夜な性格の持ち主。

こういうシーンはわたしにとっては「子守唄」状態。前回も意識が遠のいた。これじゃいかんと思ってよく寝るようにしたが毎日の習慣には勝てなかった。

なんか90分だけ意識が遠のかない良薬は無いのか。

わたしの仕事のツールは、ヤフーボックス。昔のブリーフケース。これは自宅にUSBで持ち込まなくてもここにアップロードしておけばその都度ダウンロードして仕事が継続できる。ところが本日のAM3:30分当たりになぜかアクセスできなくなった。

24時間働けないが、とにかく仕事のゴールが見えるようになる迄は午前様で前進。

※今日はYS-11が試験飛行に成功した日らしい
写真は鹿児島APでまだ飛んでいたJACのYSをエプロンから撮影。
c0087396_6564818.jpg
c0087396_6565577.jpg
c0087396_65745.jpg
c0087396_6571716.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-08-30 06:59 | from Brighthorn | Comments(0)

チェーン交換



*********************************************************
夕方、野暮用を納めに都立大学周辺を昭和自転車で走っていたら、前々から気付いてはいたのだけどチェーンの伸び過ぎが原因でどうもペダルを踏み込んだ具合が悪かった。よって乗る度に気になっていて昨日は受忍限度が最高潮!

たまたま近くにあったこれまた昭和臭のするNationalの看板を掲げた自転車店に飛び込んだ。お店にはおじいちゃんがいて「どうしたの?」とわたしは「これこれしかじかで・・」すぐさまわたしの自転車に乗り込んで店の前の道路を走り診察。その後姿がとっても素敵。
《※乗りもしないで言葉だけで診察しようとする自転車屋がいるがこういうのはどうも信頼性がおけない。乗り物は乗って触って診察すべきである。》と思う。

「これはチェーンがまず伸びているね(同じ診断)」そして自転車を店内の土間に入れて、おじいちゃんは手でギアの歯を前後に揺すったり撫でたり・・「ギアは減ってないからまだいけるね」との診断。チェーン交換は今日の夕方に出来るので取りに行く。Made in Japanはどこでも修理できる。
c0087396_447335.jpg



※現在の自転車ブームで新たに都立大学駅前に2店ほどファッション自転車を扱うお店が出来ました。ひとつは有名な台湾製の自転車のショールーム、もうひとつはF&E誌に出てきそうな自転車を扱う店。ショールームの照明に照らされて自転車が何かの芸術品に見えます。反面、古式豊かなナショナル、ブリジストン、ミヤタなどを扱うこんな自転車店(特に修理に力を入れている)が姿を消してます。(後継ぎがいない)

母が出所(退院)し、またいつもの我が家に戻りました。すこし病人なんだから静かにしろ!と言いたい所ですが元気が一番。母は一日中、知人に退院報告をしていました。母がこういいました。「あたしが生きているうちに疎開していた茨城県山方宿に連れて行け」と。
[PR]

by brighthorn | 2012-08-28 05:26 | 昭和自転車 | Comments(0)

自動車保険の更新

二輪(4輪)の任意保険の更新時期が来ました。
ずっと16歳の頃から日動□災(現東京□上日動)に入っていました。バイク屋さんとのお付き合いもありずっと日動。何年か前にそのバイク屋さんが任意保険代理店業務を終えたのですが、それでも取り扱い営業店で継続してきました。

しかし、今年・・・・あまりに保険料が高いので別の保険会社に乗り換えることにしました。□動に保険料を見直しして欲しいと言っても、なにもアクションを起こしません。過去の事故のときも対応は親身でなかった。ただバイク屋さんの顔を立てるだけの保険契約とさよならします。 小額顧客をなめきってますね。

保険の見積もりに必要なので二輪の車検証を見たら前々会の車検から前回の車検まで、わたしのBMWは500kmしか走っていませんでした。

写真は我が家から見える「キノコ入道雲三本セット」と「浜っこ入道雲」です。
c0087396_6223811.jpg
c0087396_6103465.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-08-27 06:02 | from Brighthorn | Comments(0)

つばめガール

今日は横浜の若大将見習い「K山雄二」さんと一緒にみなとみらいの【ヨコハマ大鉄道博(新橋~横浜 鉄道開通140周年】に行ってきました。

さすが若大将、、通勤電車には詳しい「ぼかぁ、***系の電車、好きなんだなぁ・・・」
だいたいですよ、電車の呼び名を***系とかって普通の人は呼ばないですからK山雄二さんは違いますね。

それはさておき・・・・・

これ懐かしいでしょう。。。紙コップを作って冷水を飲みませんでしたか?
c0087396_21315255.jpg
わたしCAとかバスガイドとか知ってましたが、国鉄に「はと、つばめガール」の存在を知りませんでした。どなたか「実はわたしの母は元はと、つばめガールだったんです!」とかそんな方知りませんかね。
c0087396_222299.jpg
現在、75歳~80歳くらいでしょうか?
c0087396_21362355.jpg
c0087396_21355879.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-08-26 21:37 | from Brighthorn | Comments(0)

カテゴリーについて

c0087396_545237.jpg
わたしはこの頃は、もっぱらどこに行くのにも昭和自転車を使っています。重くてサビだらけの自転車ですが、なぜか気に入っています。だから昨晩も六本木→代官山→五反田→病院→ナカメ コース。坂道多しで結構な距離。それをなんとなく疲れ知らずに漕げるのはアップハンドルと適切なギア比ではないか?と思ったのであります。

その辺りが気になっていろいろと調べていくうち、大昔からイギリスではアップハンドル、少数ギア、キャリア、泥除け付き、革シート(これはオプション)の昭和少年自転車のようなものを通称ロードスターと呼んでいるようで、イメージ的には映画「大脱走」でジェームス・コバーンが自転車を使って国境まで逃げた、その時に乗っていた自転車がそれっぽいのでした。
c0087396_6343970.jpg
さて、単車やクルマで高速をぶっ飛ばしている時にもう一速欲しくなる気持ちってきっと乗っていた方ならわかるでしょうが、昭和少年自転車の場合はもう1速がほしい・・・そんな気持ちにはなりません。ただひたすら坂道であったら、「足の回転数と足の筋肉との吊り合いが取れた適切な踏み心地を感じるギアが欲しい」そんな気持ちになるだけです。

で、そんな気持ちを満足させるのが、昭和少年自転車の1速目。どんな急坂でも蛇行さえすれば登っていけます。鉄製のシマノの変速機と5段ギア、笑われるような機器構成ですけどこれが妙にしっくりするギア比を持っているようでわたしにはぴったりなんです。

◆ 昭和少年自転車がきっと疲れない理由

1.アップハンドルである。
2.ギア変速数が少ない
3.電動ママチャリや軽量スポーツ車に抜かれても絶対に競えない車重がある。
よって他人と競おうなんて気がなくなる。ウサギとカメの話に似ている。
4.フレームに剛性感がある。
5.ブレーキが効く
6.見た目が悪く地味なので駐輪場に置いても盗難に遭わないような気がする。
[PR]

by brighthorn | 2012-08-26 05:52 | 昭和自転車 | Comments(0)

MOシリーズ イラスト-2

以前記事にしました六本木のアロハなスナック。
わたしが座っていると、はるばるハワイから今到着したというハワイアン音楽の重鎮と呼ばれるおじいちゃんでした。強烈ないでたちに思わずスケッチ。これも懐かしいなぁ。。。
c0087396_7415566.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-08-25 07:42 | MO在中 | Comments(0)

MOシリーズ イラスト-1

過去のファイルを整理していたらこんなイラスト(わたしが描いたもの)が出てきました。
元JALのCA 現在は飛び職しているかわかりませんが、ある事で彼女と出会ってナカメの赤提灯で一緒にお食事した時のイラスト。ise madocaさん

実に低次元のイラストですが・・・・・
c0087396_7363776.jpg
彼女はホノルルマラソンに継続参加して膝を痛めたようです。
c0087396_736453.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-08-25 07:38 | MO在中 | Comments(0)

ミクロの決死圏

ミクロの決死圏、たぶん映画館に連れられて見た覚えがある。
c0087396_15442866.jpg
この技術が今あるなら大抵の病は治るのではないかと思われるのだが・・・・バイキンマンに勝てても白血球との闘いに勝てるかどうかが鍵でありそう。
c0087396_155136.jpg



模型もあったようです。


■ 映画館に連れられて見た思い出の映画

1.ガメラ対ギャオス
2.猿の惑星
3.ミクロの決死圏
4.101匹ワンちゃん
5.ウィーン少年合唱団
6.トラ・トラ・トラ

あと忘れた。。。
[PR]

by brighthorn | 2012-08-24 15:55 | from Brighthorn | Comments(0)

レモンはすっぱい

図面書いて恥じかいて・・・遠い昔、わたしの業界ではまだ見習いの設計士に向かって「教え」の言葉として使ったものであります。だからわたしも先輩方に同じことを何度も言われ育ってきました。この教えをいつも心の中にあるので、大きな「恥じ」をかかずに現在にあります。

現在の設計スタイルは、大手組織設計事務所も「毎日が夜逃げしたい零細事務所」も図面を描く姿はCADにあります。もちろんわたしも同じくCADですが、しかし「オレは手描きも出来るぞ!」という自信に裏打ちされたCADでの製図ですから、大学の建築学科を卒業した子達には「わたしの手描き風味のCAD図面」はきっと真似できないと思います。

わたし達はオタクなので、建物も好きですが同じように手描きの図面も好きです。例えば定規を使わずにフリーハンドで描いた線など、描いた方のセンスと器用さに感心してしまうものです。しかし不器用な方もいて今やっている仕事は昭和34年に設計されたモノで、とっても図面が下手なのです。描いた人にぜひお会いしたいと調べると、あの当時40歳の方できっと現在は蓮の葉の上でごゆっくりされていると思われ、後輩にこんな事を言われるなんて想像もしてなかったかと思います。

御茶ノ水に建築学生が必ずや訪れる憧れの画材屋「レモン画翠」があります。今もわたしは御茶ノ水に行くと必ず寄るのですが、なぜならこの店の匂いには「明日への賛歌」が感じられ、ここで出会う建築学生など見ていると「僕のように毎日が貧乏になりたくなきゃ他の仕事選べよ」とすっぱい事を言ってやりたいのは後輩を思う先輩心に違いありません。

◆ 御茶ノ水 「レモン画翠」
[PR]

by brighthorn | 2012-08-24 06:09 | from Brighthorn | Comments(0)