<   2012年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

ポマードでビル建てた!

[本日は「東京ポマードクラブ」の定例会に初参加してきました。
東京ポマードといいつつも遠方(茨城県水戸市)から来ていた方もいました。わたくしは柳屋さんのポマードを付けていきました。

どもども!と現れたわたくしの頭を見たベテラン会員(あだ名が水戸のご老公様)の方が「うーーん、足りない・・・もっともっと!」とポマードの「塗りが足りないっぺ!」と茨城弁で指摘をされてしまいました。いわくポマードというのは付け方があるらしいのです。これを「ポマードのお作法」と呼ぶようです。
c0087396_21044100.jpg
1. 人指し指1本付け(シングル)
2. 人指し指+中指をあわせた2本付け(ダブル)


ま、かように分類されるのですが、1.の付け方は室内用、2.の付け方がよそ行き用・・・らしいのです。いずれにしても指先に盛ったポマードをいったん手のひらに乗せ、グチョグチョネバネバネッチョリと手の体温を使って柔らかくしてから頭髪に乗せるように塗り付けて行くのがコツだそうです。余った手のひらについてポマードは革靴に塗りつけておくと靴の防水効果を高めることもできて「一石二鳥」だそうです。
今回は初参加者の為に、柳屋本店を表敬訪問(休日なので訪問と言ってもビルの前で写真を撮っただけ)しました。本当に何代続いているのかわかりませんが、頭髪油だけで本社屋を建ててしまったのですから健全な経営だったのでしょう。ちなみにドイツの整髪剤「ポーチュガル」は柳屋さんが輸入しているようです。
c0087396_21114963.jpg
次回はポマードの元祖、鬢付け油を探しに両国国技館周辺を歩くそうです。
参加者を募集しています。

◆ 柳屋さんの通信販売はここ。
[PR]

by brighthorn | 2012-09-30 21:19 | from Brighthorn | Comments(0)

アマゾンに物申す

Amazonさんから古本をよく買います。今回買ったのが1円の古本で250円の送料がかかり251円でした。それはそれで喜ばしい事ですが、いつも配達の方がポストに入らない・・そんな理由でお持ち帰りをされてしまいます。その理由は、本の梱包が大き過ぎるからです。写真の梱包サイズは横38センチ、縦34センチの大物です。それに対して我が家のポストの投入口は横21.5センチ(有効開口)、縦4センチなのですね。いわゆる我が家のポストには投入できない。そんな理由なんですが・・・だったら端っこを少し折り曲げていただければよいと思うのですが。つうかもっとコンパクトに梱包できないのでしょうか。
c0087396_6113063.jpg
c0087396_6114646.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-09-30 06:12 | from Brighthorn | Comments(0)

買いです。

LEON化が止らない・・・
c0087396_5504290.jpg
それでは本日のドーナッツです。「I have a dream - Richard Clayderman」

[PR]

by brighthorn | 2012-09-30 05:53 | from Brighthorn | Comments(0)

おじさんいろいろ

昨日、新百合丘の医院の改修工事の現場の帰り、六本木の某店でコーデュロイのズーを発作的に買ってしまいました。それもなーんといつものウエストサイズ-2センチもの(間違えて取ってしまった)・・・フィッティングルームで試着して、「ん??? むむむむ? また太っちゃった! カビーン!」なんてめまいが起きそうでした。でもね、入ったんですね。で、外で待っているおねえさんに「スソのアレをお願いします」だなんて一番わたしが超苦手な事をしてもらって・・・・・ミエ張って・・いくつになっても情けない、いつかあの箱の中で倒れるかもしれません。ファッション関係でわたくしがわたくしでいられる場所は皆無です。

しかしまぁ、銀座も青山もどこもかしこも休日に出てくる「おじさん方」のお洋服ってイケてませんねぇ。。特に奥方が同行しないと歩けない「おじさん」は最低。。反面、あれはきっと彼女だよね・・なんて思われるご婦人を連れてる「おじさん」には素敵なのが多い。「おじさん」の中には、クルマから降りなきゃ素敵だったのにぃ~と思われる人もいて交差点の人間ウォッチングは楽しいですね。
[PR]

by brighthorn | 2012-09-30 05:24 | from Brighthorn | Comments(0)

手が届きそうで届かなそうで・・・・・

ユニクロのカタログには夢は無いけれど、
L.L.ビーンのカタログには夢のような生活がありますねぇ~
c0087396_11363884.jpg

[PR]

by brighthorn | 2012-09-29 11:39 | from Brighthorn | Comments(0)

伊達邦彦カンバック!・・・・その2

c0087396_121458.jpg

もっともっと暇をもてあましていたわたしは、本の挿絵イラストレーターになろうと練習していた頃がありました。

若い頃、OLしながらお金を貯めて、憧れの「エルヴィスプレスリー」の公演をラスヴェガスまで観に行った女性の日記をホームページとして作ったものです。

「フルーツポンチのラスヴェガス旅行記」
c0087396_1775516.gif


現在、リンク切れなど多少難があるようですが、アップロードをする度に見直ししています。
[PR]

by brighthorn | 2012-09-29 06:19 | 伊達研究所 | Comments(0)

伊達邦彦カンバック!

かつてわたくしは暇をもてあましてエルヴィス・プレスリーの持ち物研究をしていました。
c0087396_14493089.jpg

その時代のホームページが神棚の奥底から出てきました。
ハンドルネームは伊達邦彦(イタチクニヒコ)でした。

その名は「ELVIS眼」 見て感動してね!
※リンク切れがあるかもしれません。
※ハウンドドックⅠ号機はエルヴィス命!のご婦人に差し上げてしまいました。
※スタッツも同じくエルヴィス命!ブルマ嬢に差し上げてしまいました。
いずれもきっと飾っていられると思います。

◆ 関連 Miyukiさんのエルヴィス・ルーム
[PR]

by brighthorn | 2012-09-28 14:45 | 伊達研究所 | Comments(0)

想い出の赤いヤッケ

わたしは受験生ブルースの高石ともやさんにとっても好感を持っています。声がとっても良い、極め付きはあの濃い眉毛と笑顔。存在だけで気持ちの病気を治しそうな人。
「高石ともや
1941年12月9日北海道雨竜町に生まれる。1960年立教大学文学部日本文学科入学。
1966年プロのフォーク歌手として活動開始。1968年「受験生ブルース」大ヒット。1978年『107 SONG BOOK』を発行。東芝EMIよりレコード化、レコード大賞企画賞を受賞。1981年第1回皆生トライアスロン大会(日本初のトライアスロン大会)優勝。ホノルルマラソン連続25回出場。現在京都・西京区・上桂在住」


それでは本日のドーナッツです。高石ともやさんの名曲を聴いて見ましょう。

◆ こんな事ってあったような・・・「想い出の赤いヤッケ」
「想い出の赤いヤッケ」はわたしの亡き後輩がよく唄っていました。昨年、アルコール中毒で他界しました。
◆ 京都の街を唄った「街」
[PR]

by brighthorn | 2012-09-28 06:16 | from Brighthorn | Comments(0)

ドーナッツが食いたい症候群・・・・あれから

ドーナッツが食いたい症候群・・・・あれから
c0087396_5224987.jpg
結局、わたしは小雨降る夜にいたたまれなくなって桜新町のミスタードッナッツまで買いに行ったのであります。ショーケースに入ったドーナツを手当たり次第(予算は500円なので手当たり次第も限界があるのだが)買い、L.Lビーンのリュックサックに積めし込んで帰って来たのであります。

結局、なんだかんだと言ってもおいしいのは、ハニーディップであって他のものはそうおいしく感じられず、ましてやその日に4つものドーナッツを完食するのもどうかと思い翌日に残しておいたが、ドーナッツってその日に食わない(もしくはお店で)とおいしくございませんね。でも気持ちは満足したので当分食わないでも平気になりました。

桜新町店のバイトの女の子(高校生)、アメリカンスクールでも通っているようなハーフでしてね、かわいい。わたしが高校生でしたら、友達連れて(一人だと恥ずかしいから)毎日押しかけていたかも知れません。
[PR]

by brighthorn | 2012-09-26 05:43 | from Brighthorn | Comments(0)

化粧箱

わたしの子どもの頃からの、いうなれば悪趣味と申しましょうか、それは女性の化粧箱の中を見る事なのであります。化粧箱探索のきっかけは母の化粧箱を小学生の頃に見た頃から始まり、その後は共学だった高校時代はクラスメートの女の子の化粧ポーチ(化粧はご法度だっが)を許可を得て見させて頂くのがとっても好きで、今この年になっても、許可を得て見させていただいています。

中にはとっても親切と言うのか、ポーチから取り出して机に並べてこれはどうのこうのと説明してくれる女子もいたりして、とにかくスッピン女子から変身女子へと移り変わる「変身セット」は見ていてとても楽しい。

さて、この頃・・・・ですよ。石鹸が石鹸らしい香りを発していないのではないかと思うのです。特に固形石鹸ではなくて、シュポシュポの泡石鹸が顕著。泡にするというアイデェアは素晴らしいですが、どうも香りが。。。しない。
「さっき手を洗ってきました!」そんな証拠となるような香りのする泡石鹸が欲しい。
どなたか、そんな泡石鹸をご存知でしょうか。
[PR]

by brighthorn | 2012-09-25 07:27 | from Brighthorn | Comments(0)