無性に行きたくなる場所

c0087396_10191523.jpg無性に行きたくなる場所はスバリ横浜の「山下公園」及び「山手」港の見える丘公園周囲である。それも、何故か夜だ。この年になると、長年のバイクツーリングで実のところ余程の遠出をしないと行く場所がなくなってしまった。日帰りのバイクツーリングの限界は往復300キロの距離の範囲までだと経験値で持っている。いくら「べんべ」がロング向きだと言っても、疲れることは変わらない。よく他のBMWのホームページで「疲れ知らず・・」などと書いているが、正直言ってそれは怪しい。そりゃ、高速は排気量がある分だけ楽であるが、これは疲れとは関係ないのである。

昔、一度借りたヤマハの1100に乗って東名をぶっ飛ばしていた。料金所でたまたまフェラーリのテスタロッサと一緒になった。「どっちが早いかな?」と試したくなって、相手もやる気に満ちていた。料金所を同じに出て、フル加速!初期加速はヤマハの方が早かった。きっと相手も2速に入ったと思うが、2速からの信じられないくらいのテスタロッサの加速。4輪にも、バイク並みの加速する市販車があったわけだ。まぁ、余談である。

 自分のもっぱらの小さな楽しみは、夜の9時ごろに出て行って第三京浜を使用して横浜まで行くことであるが、第三京浜の入り口の急コーナーはいつも慎重に走るようにしている。というのは、奥に行くほど曲率が小さくなってくるので、入り口の調子で行くと、ガードレールと接触する可能性が高い。とにかく、転んで落車しているライダーもたまにあるようだ。べんべフラットのコーナーの基本は、「リーンウィズ」であるようだ。ハングオンが似合うバイクではない。リーンウィズを正しく出来れば、それなりのスピードでクリアできる。とにかく、危ない入り口なのである。

山下公園、山手の夜はなかなか綺麗な夜景を持っていて、単車で走るには最適である。昼間は
止めたほうがいいけれど・・・・・そして、フィニシュとして山下公園に寄り中華街でラーメンを食って帰ってくるという一定な楽しみにしているのである。これからクリスマスのイルミネーションでにぎやかになってくるだろう。

本日の禁じ手ワン・ポイントアドバイス


1.車を追い越す時は、レフトサイドではなく、右から抜くのを原則としたい。
 (後方からのバイクに気ずかず、レーンチェンジを突然やる四輪がいる)
2.白バイの「ゴールドウィング」には絶対に勝てない。テクも車もべんべなどより上!
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-17 13:18 | 伊達研究所 | Comments(0)

資格保持者は有利です。

c0087396_10171221.jpgいゃ、今日は忙しかった、というか頭を使った。午前中は、いつもの医者に行き薬をもらって来た。本態性高血圧と言うつまりのところ成人病である。知らず知らずのうちに、こんな病気になっていた。サイレントキラーという高血圧症に気づいたのは、駅の階段がゆっくりでないと登りきったときに心臓はバクバク、少し休憩しないといけなかった。おかしいなぁ?と思っていたが
まぁ、疲れだなとも思っていた。そして、単車に乗るたび(やはり単車と言うのは緊張して乗っているので)ドキドキとし背中まで痛くなってしまった。やはりこれは専門家に見てもらわないといけないという事で、医院に行ったら「よく生きていたね」と言われた。その後、1年かけて
運動をしたりして、とりあえず薬の世話にはなるが健康な体を取り戻した。単車に置き換えて見ると、スパークプラグの不調みたいなものであった。僕のように、雨の日も単車に乗っていると単車の健康やご機嫌もよくわかる。スロットルをひねっただけで音でわかるようになるのである。まさに、愛車なのである。さぁ、これから写真について語りたい。「エロ事師」とはなんであるか?とにかく床運動がとっても上手な方を言うのであろうけれど、実にロマンポルノの題名はなかなか面白いのだ。履歴書の資格欄に「エロ事師」と書く者はいないだろうが、もし、この方面が得意であるならば、遠慮せず公開したほうが良いのではないか?と思うのですね。

本日の禁じ手&ワン・ポイントアドバイス

1.エロ話をさわやかに聞けないとオトナとはいえません。
2.電車の中でのリュックサックはお腹で抱えましょう。
3.クラッチワイアーが切れても、バイクをとりあえず運転できるようになりましょう。
4.バイク以上に大切なものは、健康(命)です。
5.日本の国よ、再生してくれ!
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-16 20:16 | 伊達研究所 | Comments(0)

雪はなるべくなら降らないでくらはい!

c0087396_1014745.jpg
雪の季節となりました。なんて書くと雪国の人から「甘ったれてんじゃねぇーー」と言うお言葉がきそうである。写真は2年前だったかの、雪の駒沢公園なのであるが、なるべくなら雪は降らないでくださいと書いたのは、我は毎日、単車もしくわ自転車で通勤しているのである。だから精神的にも肉体的にも、電車がどうしても苦手なのである。よって、雪のしんしんと降る中でも重装備して二輪(この場合は自転車ね)で出てしまうわけだ。とにかく、「滑って転ぶかも知れない、本日のわたし!」的なおっかなさを快よく思ってしまう「変態」なのでありますね。そして数日後に風邪を引いてしまうわたしでもあるのです。さて、何故かタイトルと内容は異なってしまうが本日の朝記は「防寒対策」について記したい。これからの季節は間違えなく寒いわけでありますが、まずお手ての対策は、分厚い手袋なのであります。ところが選別を間違えるとバイクの場合は微妙なクラッチワークが不可能となりますから、ここは大枚払ってもゴアテックス系が良いという長年の経験で断定します。指先はそれでも冷たくなりますが、これは対策できませんからあきらめていますね。一番いいのは、そば屋のカブがつけるような袋みたいなのがベストですが、選別としては除外しています。(バイクウェア専門店で置いてあるおしゃれ系でもダメ)
※これ書き出すと止まらなくなるのでもう止めます。

本日の禁じ手&ワン・ポイントアドバイス

1.寒いからと言って、ポケットに手を突っ込んで歩くと転んだとき顔面着地します。
 (胴体にエアバックつけている方はこの限りではありません)
2.寒い寒い!と言って冷たい手で人の頬に手をつけることはやめましょう。
3.40オーバーの方は、見栄を張らずズボン下を着用しましょう。
4.朝風呂はいると、後の動きが楽になります。強制アイドリングといいます。
5.ライダーの方へ・・・寒いからと言って、信号待ちの時、エンジンで手を温める行為
 は止めましょう。涼しい顔して、寒さと戦うのもライダーとしてのお作法です。
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-15 15:13 | Comments(0)

磨くということ・・について

日記も三日を越した。今、止めたら「三日坊主」となる。今日は磨くという事を書きたい。ここで言う「磨き」とは乗り物を磨くという事である。僕ら単車乗りは他人様の単車が気になるのであるが、どんなバイク・自転車であれ、そのネームバリューや性能よりも、このバイクの外観上の経歴を察するように見てしまう。よく磨かれたバイクはまず輝きが違うのだ。一見汚いのだけど、そのボディカラーからかもし出る輝くの奥深さ(言葉では表現できない)は、どんな新車にも叶わない。例えば、ハンドルのグリップゴムの減り具合、ウィンカーレンズの透明度、ホイールの汚れ具合、タイアの磨耗具合などから、「乗ってるね!」という判断となる。さて、自分のもっぱらの懸案事項はブレーキダストの固着をどうとるか?ということであって、いろいろなケア用品を試してみたがそれほどの効果はなかった。

まぁ、一番効くのはガソリンであるけれど、住宅街でガソリンで
洗っているのは危ないし、臭いし、アスファルトに落ちたガソリンは跡が残るので、わかっているのだけどできません!状態なのである。これをたまたま読んでくれた方がよい案を提起してくれるのを期待して四日目を終了する。

本日の禁じ手&ワン・ポイントアドバイス

1.パンク修理用の接着剤は、シンナー中毒者の大好物(売ってくれませんよ)
2.2サイクル用のオイルをバイク屋に保管することを「ボトルキープ」と言う。
3.40過ぎても乗っているライダーを「老走族」といい、温かい目で迎えて欲しい。
4.すり抜けするときは、すりぬけ対象車のルームミラーを見るべし!
5.巻き込みされそうになって、どうしても避けきれないときは、相手の車にぶつけろ!
 (自爆事故にならない為に)

※渋谷の街では、海外からゴミ同然として持ってきた自転車が売ってます。
若い方が対象ですが、目の付け所はグッドです。1台2万以上から・・・・・
あります。見るだけにしましょう。
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-14 18:12 | 伊達研究所 | Comments(0)

うそ言わんから、無灯火はやめれ!

c0087396_1011672.jpg今日で三日目、そういえば、このところのお月さんは綺麗な三日月だったよな?と思う。
とりあえず、小生のガキの頃の話は少し置いて・・・自転車の無灯火について書きたい。
夜、自転車に乗る人は通勤帰りのオトナ、塾帰りのできの悪いガキ、買い物帰りの主婦
などであろうが、総じて前照灯(道路交通法的に書くと)をつけていない。それは街が
街路灯によって明るくなったせいもあるけれど、もうひとつの理由は、前照灯のパワー
プラントであるダイナモによって自転車の回転が悪くなるという事であろう。
けどだ、危ないんだって!我ら単車に乗っていて路地脇から突然に無灯火の自転車が
出てこられても、わからない時が多いのだ。危うくぶつかりそうになった事もある。
自転車の場合の前照灯の役割は、道路に転がっているクソを発見するためではなく
「俺、今!元気で自転車乗ってますから皆さんぶつからないでください」と言う行動の
表明の為にあるんだな。たった何ボルトかの豆電球で自分を守るんだよ。だから、この
日記を読んだ諸君、今宵から電気つけましょう。電気は自家発電だからタダだぞ。

本日の禁じ手&ワン・ポイントアドバイス

1.他人の自転車から前照灯(特に電池式)を盗まない事(今は捕まっても、借りただけと言うバカ者がいると、おまわりから聞いた事がある)
2.傘さして自転車乗るのはサーカスでもしません。
3.サドルの位置は、足を伸ばしたとき軽くひざが曲がるくらいに調整しましょう。
4.安売り自転車は正統派自転車屋では修理してくれません。
5.白バイでも訓練に8字走行をします。二輪車の基本は八の字走行を上手にできるか?
 です。

 写真は東大キャンパス内の化粧柱です。
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-13 13:10 | 伊達研究所 | Comments(0)

いけない、しまった。忘れてた。ニッキ?

c0087396_1084944.jpg初日から、これであるから困ったものである。よって、日記は「朝記」となるであろう。
まず自分がしくったのは、次回の予告を書いたことからはじまる。昨日、ずっと「自転車の練習」を書くのだよな・・と思いつついろいろと練っていたけれど、そのうち忘れてしまった。
監察係りより、おい!と背中を叩かれ、気合を入れてないといけないな。

ところで自転車は、習うより慣れろ!である。自転車に乗れない人間はまずいない。自分が初めて親から買ってもらったのは、とっても小さな自転車であったと思う。上野のお山のチンパンジーもきっと乗れる自転車なのであった。この自転車にお約束の「補助輪」をつけて、まずきっと親から後ろのフレームを押してもらい、直線のみ走ったのであろう。とりあえず、毎日自転車に乗っていた。ここからは記憶鮮明なのであるが、ある日、親父が車で我の補助輪を踏んでしまって壊してしまったことから、補助輪と永久の別れとなったのであった。親父が車載工具で補助輪をはずすとき、なんとなく明日から怖いなぁ・・・と思った記憶はあるが、いざ、朝乗ってみると、我は乗れるではないか!カーブも軽く曲がれるではないか!このヨロコビは忘れられない。この日以降、兄貴達の後ろに引っ付いて、何度も多摩川に行ったものである。兄貴達はたぶんわざとであろう、ダート(荒れ道)ばかり行くのであるが、やっぱり経験不足であったので何度も転んで、すりむいた。親と違って助けてはくれない。自分で自転車を起こし、曲がったハンドルを電柱でゴチンして直すことも覚えた。ひざっ子増の傷は、ほっておけば直ることも覚えた。よく自転車に乗って怖くなると、ペダルから足をはずす人がいるけれど、これは誤りなのである。怖くても我慢してペダルに足を乗っけて置かないと「人車一体」にはならない。これは単車でも同じである。べんべもそうなのである。アスファルトの道は、苦労無しに走れるけれど砂利道いわゆるダートは、何があるかわからない。人生もダートなのである。

写真は、ニコニコ仏像である。拝んでおけよ!
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-12 12:08 | 伊達研究所 | Comments(0)

いやいや、続けられるかどうか?

c0087396_107633.jpg何処かの婆さまに刺激され、そして思いのままに書く事の楽しさを感じた。少し続く限り書いてみようと思う。(これは1回挫折経験あり)まずは、二輪車との出会いからだ。

小生は今、43歳である。やっと後厄も終わりすっきりした。厄年の間は便秘のように何やってもだめだった。ところが失敗、自己努力の足りなさを厄年と言う年周りのせいにしていたわけであったが、それもなんとなく楽であった。
二輪車との出会いは、とにかく幼稚園の頃である。近所に年は上であるが、よく遊んでくれる兄弟がいて、彼らの自転車(当時はビジネス自転車)の後ろに乗せてもらっていた。荷台に座布団を引いて、よく多摩川の河川敷まで遊びに行った。幼稚園児なりに、乗せてもらう事はなんとなくうれしいが、坂道に差し掛かり、その兄貴が僕を下ろしもせず、ハーハーしながら坂道を上がっていくのを、彼の胴体に手を巻きつけながら申し訳ないと思っていたと思う。この日から自分も自転車に乗らねばならぬと思った記念すべき日であったのだ。

次は「自転車の練習」について記す。
[PR]

# by brighthorn | 2002-11-11 10:02 | 自動車・バイク | Comments(0)

資料

c0087396_5443877.jpg

c0087396_5533749.jpg

c0087396_5534946.jpg

[PR]

# by brighthorn | 2002-11-01 05:44 | Comments(0)

記録CT50

c0087396_17151045.jpg
c0087396_17153870.jpg

[PR]

# by brighthorn | 2001-12-29 17:13 | Comments(2)

belstaff

「ずっと IVY そして明日も IVY 」さんより飛んできてしまった方へ・・・・
この記事は説明用の写真を載せているだけでブログの記事ではありません。


c0087396_4564940.jpg
c0087396_5131266.jpg
c0087396_5133296.jpg


◎ 関連ページ
[PR]

# by brighthorn | 2001-11-22 04:55 | from Brighthorn | Comments(14)