人気ブログランキング |

たすき掛け

忘れもしないダイハツ「フェロー」
写真はプロモデラーによるプラモデルの作品です。
c0087396_2048255.jpg

この車、僕が21歳の頃、友人のお父さんが通勤用に乗っていたフェローを3万円で譲り受けたポンコツ車で乗ったのが半年程度でした。2サイクルエンジンだったと記憶していますが2サイクルオイルを補充した記憶がないのであやふやなんです。

この車、初めての自分で所有したクルマとして今も好きです。この車はいつもアクセルペダルをベタ踏みにしないと流れに乗れない程に非力でした。ウィンドウ・ウォッシャー液の散布はゴム製の袋を親指と人差し指でつまんでクチョクチョするとチュッチュッ!とガラスを濡らすので「オチチ」と呼んでいました。

この車で一番怖い思いをしたのはゆっくりとしたコーナーにベタ踏みのまま突っ込んで行ってたら急にコーナーの角度がゆったりと急になってしまいましてね、ヤバい!!!と思ってアクセルを緩めたらどんどんと外に膨らんでいきました。逆に今度はアクセルをベタ踏みでステアリングを切って行ったらちゃんと曲がってくれるじゃありませんか。。。(上手に表現できませんが)いわゆる遠心力に勝利したわけです。これにはビビリました。

この車はその後、友人に5万円で売って、その友人は車を受け取った夜に国道で大型トラックの作ったアスファルトのわだちでバランスを崩し屋根を下にして滑って行って廃車にしてしまったのです。

わたしはこの車の後はスバル・レオーネRX(1.4L)に乗りましてねオモステに慣れて行ったのでした。
c0087396_11511096.jpg
関連してうちの近所の若い奴がダイハツの今時の軽自動車に乗っています。彼は車が一センチも動かさないでステアリング(ハンドル)を切ってます。これってパワーステアリングであるから出来るのですが、実はこればっかりやっているとステアリング(ハンドル)をまっすぐしたつもりでも中心がづれてまっすぐクルマが進行しなくなる原因なんです。

オモステを経験するとアクセルとクラッチをうまく連動させてステアリングを軽く回せるようになるんです。だからパワーステアリングのジムニーでもチョンチョンと連動させて車を動かしながらステアリング(ハンドル)を切るようにすればステアリング(ハンドル)の芯がづれません。アクセルとクラッチの連動はバイクでも使えると極低速でも安定して進めるようになります。これ基本中の基本で慣れるしかありません。

オモステ経験のわたしの癖はたすき掛けステアリング(ハンドル)回しが抜けません。ステアリング(ハンドル)回しではやってはいけない事ですが古い癖は今も抜けません。
Commented by サントラ at 2017-02-09 23:45 x
このフェロー、プラモですか、ぱっと見には実車に見えますね良く出来てます、隣のTNトラックも。

私の最初の愛車、初代カローラ2ドアSL(KE11)もノンパワーでした、おまけに175/70HR12という当時としては幅広タイヤ+5.5Jのワイドホイールと相まってメッチャ重たかったです。
車庫入れのなどで何度か切り返しをする場合、静止する前の最後に次に切る方向にハンドルを少し切っておけば次の動きが楽なんですが、これが出来る人はベテランドライバーですね。
Commented by brighthorn at 2017-02-10 09:37
オモステの場合はタイアの巾に左右されますよね。
レオーネは太かったですが、慣れの技でどんな場面でも
一発でした。オモステ機能だけで数馬力取られるので
クルマのパワーとしては良い方向だったと思います。

F1レーシングカーのステアリングは重いんでしょうかね。
回してみたいです。
by brighthorn | 2017-02-08 17:03 | 自動車・バイク | Comments(2)

『クルーカットと正ちゃん帽』は毎日更新を目標にしています。


by ブライトホーン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31