人気ブログランキング |

スイートルームのスイートソング

とっても不潔で埃だらけのスイート・ルームには僕がこの部屋にいる限りオーディオ機器のBOSEから聞こえるか聞こえないかのぎりぎりのラインで音楽をかけています。音楽のテンポはその日の精神状態を表すバロメーターにもなっています。何年か前に我が家の近所にあったキャナルという喫茶店が閉店した時に頂いたCDを適当に選んで流しています。

c0087396_17201492.jpg喫茶店音楽と言うものがあるとしたら、このお店はずばりラテン音楽が主となっていてギリシャ人のナナ・ムスクーリさんが喫茶店のカウンターの上にある真鍮製の飾り棚の上で静かに歌ってくれていました。当時はナナ・ムスクーリさんってどんな人?と思って、初めてナナさんのレコードを買ったのが「ナナ・ムスクーリ ギリシャを唄う」というアルバムでした。いろいろと調べるとナナさんは今年引退の予定で各国でフェアウェル・コンサートをしているそうです。

何年か前、TVのコマーシャルでしたが、パリの街中をシトロエン2CVの後部座席から窓越しに街路樹がゆっくりと流れるシーンがありこの時に使われていた Plaisir d'amour という曲がナナ・ムスクーリさんでした。CM制作者のセンスの良さとこの曲にウットリとした記憶があります。

それでは最後に優雅な気持ちになりそな曲「 Je Chante Avec Toi Liberté」とブラザース・フォーのTry To Rememberのナナ版です。
Commented by リップスティック at 2008-05-11 23:50 x
先生は幅広いジャンルの曲を聴いておられるのですね。ここで紹介してくださるのはいつもメロディーがきれいな曲なので、とても優雅な気持ちになりますわ。
ナナ・ムスクーリの曲は、TVのコマーシャルで何度か使われていたので覚えています。クロブチ眼鏡が印象的な方ですね。今年引退されるのですか?残念ですね。。。
Commented by brighthorn at 2008-05-12 05:35
リップスティック さん

人は「際」が大事なんでしょうね。サラリーマンに定年があるように・・・世界の歌姫も自分の引き際をみつけたのでしょうね。
この引き際を超えてしまうと後は惨めなだけ。引き際って年齢だけじゃないですけどね。
by brighthorn | 2008-05-11 17:48 | 本日のドーナッツ | Comments(2)

『クルーカットと正ちゃん帽』は毎日更新を目標にしています。


by ブライトホーン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31