2007年 02月 28日 ( 1 )

私は病気持ちであります。高校時代にインキンタムシの発症から物語は始まり現在は生活習慣病のオンパレードになっています。20歳の時はオートバイに乗りすぎて異母児になりあの大変恥ずかしいワンワンスタイルを経験し泣きたくなるような屈辱を味わったものです。「先生、僕のお尻は治るでしょうか?」「異母児なんか児の内に入らないよ」といわれた時は、なぜかバカにされたような気持ちになってもっと立派な児になりたいと思ったものです。

c0087396_20314122.jpg本日、朝一番で血液検査の結果の聴取と診察を受けにマイ・ドクターに行って来ました。ついに懸案事項の数値が正常値に戻りました。あと体重を7キロ落とさないといけませんが第一段階を達成いたしました。月2回の診察のもっぱらの楽しみは薬剤師のおねえさんと談笑する事です。特に一番左のおねえさんの仏頂面を微笑みに変えることが楽しいのであります。あまり派手にやりますとマイ母も同じ医者+薬剤師なのであまり案配が良くありませんので自嘲気味にさわやかなトークを心がけているのです。結果、かなり笑みを与えておりますがサーヴィス・スマイルかも知れませんね。

さて、話しは他のほうに飛びます。わたしが毎晩読んでいる本にこう書いてありました。
江戸時代、糞尿は良質な肥料として取引されていたそうです。城からの糞尿、武家屋敷からの糞尿は特上とされプライスも高い、反面、町場の糞尿や公衆便所の糞尿は安く取引されていたそうです。現代では糞尿の売買は無いようです。

公共下水道普及率の高い東京でも汲み取り便所が今でも存在しその糞尿を集め処理するのが東京都清掃局の役目だそうです。(外部委託かも)その糞尿を密かにお台場に集めお台場の港から船で最終処分地の野島崎沖の黒潮の流れる地域まで運び海底に沈めているようです。汚いとお思いでしょうが、自然の浄化作用は強く汚染は全く無いそうです。

さぁ、皆さん!立派なウンチをしようではありませんか!僕に任せてください。@さだまさし

それではおやすみなさい。
[PR]
by brighthorn | 2007-02-28 20:31 | 伊達研究所 | Comments(6)

『クルーカットと正ちゃん帽』は毎日更新を目標にしています。


by ブライトホーン